なわふみ日記

- nawaはサンスクリット語で ’ あたらしい ’  
- fumiはアイヌ語で ' おと '   ラビラビの音旅 ' 縄文 ' 綴りです
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 2012.6 ◯ 4.5.6.7.8.9.10

卯月 満月から
下弦へ
なわふみ日記


【6月4日/満月】
inner memo :
日本列島は世界の縮図で
四国はオーストラリアにあたるらしい
そのどちらの島も
歓迎し呼び込んでくれているのを感じている
うれしい

DSCF8370.jpg



【6月5日】
inner memo :
停止/静止せよ
次に動き出すとき
何によって動き出したのか
見届けるがいい

DSCF8386.jpg



【6月6日/金星日面通過】
- Weather : ☂ → ☁ → ☀
- Venue : 東京 恵比寿 SPES LaB
- Named : アーティスト写真撮影
- Start : 14:00

宇宙

DSCF8327.jpg

DSCF8336.jpg

DSCF8339.jpg

DSCF8341.jpg

太陽の求心力
光と音
金星を宿す
放つ



【6月8日】
inner memo :
Sphere in the ether

DSCF8329.jpg



【6月9日】
inner memo :
渡り合うチカラ

DSCF8328.jpg



【6月10日】
inner memo :
こつこつと 美しく生きる
それは '今 何があるか分からない' ことのための
大切なアイドリング

大きく舵を切り アクセルを踏み込む
その瞬間のための アイドリング

必要なことは すべて目の前にやってくる
自分に甘えず どう選ぶか
目指す空間に 近づけているか

こつこつ 美しく 生きるということ

DSCF8392.jpg

とうとう「宇宙」がやってきました。
オーストラリア/バイロンベイに住むSachiさんのバティックに、一目でヤラレたのは1/30 Byron Bay_Buddah Barでのグギの夜のことでした。この文句なくHappyでSuper-Genki!!!なPowerと旅をしたいと申し出たとき、Sachiさんは手を尽くしてこの「宇宙」を探しあて、わたしたちの元に送ってくれました。帰国後の数ヶ月おぼろげながら感じていた感覚、それをアーティスト写真の撮影で自分たちに必要なキーワードが宇宙であることを確信した翌日、バティックは届きました。Sachiさんはこのバティックが震災に合った列島を巡ることを望んでくれています。わたしたちの演奏のそばでバッキバキ☆のオーラを放ってくれる「宇宙」をどうぞ各地で目撃してください。





下弦から
新月へ




| comments(3) | trackbacks(0) | 20:12 | category: 日々ラビ |
# 2012.5-6 ◑ 29.30.31.1.2.3

卯月 上弦から
満月へ
なわふみ日記


【5月29日/上弦】

オーストラリア,タイから帰国し
春の長い旅が終わった
北は青森 西は高知
季節がどんどん変わる時期に
ダウンジャケットから タンクトップまで

この列島は 長い^^;

あらためて報告を2つ

DSCF8393.jpg

New ラビラビ号!!!!!!! です
各地に行くたび「車 でっかくなった!!!」と言われます
はい でかくなりました

ハッパ丸を廃車にしたあと、長野でタイミングよく譲り受け1週間1,000kmを走ってくれた2台目の軽ワンボックスも、結局ずっと乗り続けられる状態ではないことが分かって、いつもお世話になっている大阪の整備士さんに泣く泣く廃車をお願いしました。とうとう車がなくなってしまう。どうしようと途方に暮れていたとき、その整備工場の社長さんが「レンタカー用に使っていた車、ラビラビさんやったらぜーんぶ込み込みで安くしとくよ」と言ってくれて登場したのが↑↑

2日間迷いました。ラビラビがパワーウィンドウの車に乗っていいのか!?カーステが付いてて、エアコンがめちゃめちゃ効いて、ワイヤレスキーを使っていいのか!?むむむ…!!! でも結局さまざまな方の後押しと「見合わないモノはやってこないよ!」というmarronちゃんの言葉に決心を固め、New ラビラビ号となりました

DSCF8394.jpg

よろしくおねがいします

DSCF8396.jpg



それともうひとつ
◯ドゥアン・プラティープ財団 : http://jp.dpf.or.th/

スクリーンショット(2012-07-06 21.14.jpg

'ウミ ソラ ワタル オトタビ' タイツアーでは
福島のためのアイとマニーを集めると同時に
2010年,11年に起こったタイの洪水へのアイとマニーも呼びかけました
そこで集まったお金を上記の財団へ寄付させていただきました
ご協力いただいたThailandのみなさん
ほんとうにありがとうございました
内訳は以下です

[ LOVE & MONEY for Thailand ]
※レートは3/6帰国時のものです
・タイバーツ 6,649THB → 14,562円(2.19円)
・アメリカドル 3$ → 236円(78.55円)
・ユーロ 2€ → 208円(103.83円)
・日本円 → 216円

Total : 15,222円



【5月31日】
inner memo :
Bright Future!!!
老 若 男 女
Matsuri Party
踊れ!!!



【6月2日】
- Weather : ☀
- Venue : 大阪 心斎橋 HOKAGE
- Named : TWILIGHTSCUMZONE
- Live Start : 21:30

DSCF8263.jpg

DSCF8265.jpg

夏 告 げ る
カ ン ナ カ ム イ の 火 を 灯 し
火 影 に 集 う モ ノ よ

DSCF8255.jpg

音 楽 に タ マ シ イ 伏(まつろ) い て
炎 を マ ツ ル
大 阪 を マ ツ ル
夏 を マ ツ ル

DSCF8268.jpg



【6月3日】
- Weather : ☀
- Venue : 徳島 神山温泉 ふれあい公園
- Named : アースデイ神山
- Live Start : 17:00

DSCF8273.jpg

DSCF8295.jpg

こんなにも
こんなにも
神々しい場所に
わたしたちを

DSCF8314.jpg

DSCF8298.jpg

誰が呼んでくれたの?
マリコさん?
ヒサさん?
awaのカムイ?
地球さん?

DSCF8317.jpg

DSCF8302.jpg

DSCF8311.jpg

選んで 選ばれて
選ぶことで 選ばれて

DSCF8315.jpg

DSCF8316.jpg

方舟に乗り 何度でも
神の山 カムイヌプリへ

DSCF8319.jpg




満月から
下弦へ




| comments(0) | trackbacks(0) | 20:12 | category: 日々ラビ |
# 2012.5 ◉ 21.22.23.24.25.26.27.28

卯月 新月から
上弦へ
なわふみ日記


【5月21日/新月/金環日蝕】
- Weather : ハレワタル☀
- Venue : 青森 青森市 小牧野ストーンサークル
- Named : Neonative Meeting 2012

481337_316192631789304_766289809_n.jpg

午前1:00 Meetingを終えた
翌朝4:00 日の出のセレモニーで見た太陽は
まさに 'サイケデリック浮世絵'
ルミナスレッドの天球体と光線を
それ以来 忘れたことはない
その太陽から こちらに向かってきた2羽の鳥のことも

' 更 新 ' か ら ' 交 信 ' へ

揺るぎないVISIONをもらった
新月の日の出

すばらしいMeetingの
オヒラキ

DSCF7914.jpg

DSCF7919.jpg

'アッテンポロウ'をいただいた石神神社と
その近くの滝へお参りをし 解散した

DSCF7924.jpg

DSCF7932.jpg

DSCF7936.jpg

そのまま日本海へ抜け
新月の夕陽が沈むころ
白神山地の
宿にたどり着いた

DSCF7973.jpg

Neonative Meetingは
'場' が人間のチカラや感覚を使い 
声をあげる会なのだと分かりました

2011のときは311直後
千葉/安房が上げた
不安の声だったのかもしれいない

今年 またこの列島を旅するうちに 
おのずと2013の会場が
声を上げてくれるのだろうと 
確信しています




【5月22日】
- Weather : ハレワタル☀
- Venue : 青森 西津軽郡 白神山地 十二湖

DSCF7999.jpg

ラビラビが
この列島で
いちばんスキな
場所のひとつ

DSCF7982.jpg

十二湖
江戸時代に起きた大震災によってできた大小の湖
この震災で秋田 野代は「野に代わる」という名前を恐れ
能代と改名したほど 一帯は壊滅的な被害を受けたという

300余年経ち 今ここには世界遺産に指定されるほどの美しい景色がある
311は300年後の列島人に どんな景色を魅せてくれるのだろうか

2.jpg

DSCF8008.jpg

木の葉が枝から落ちる瞬間の音さえ聴こえる静寂の森
わたしたちは ここがだいすきだ

DSCF7998.jpg

DSCF8015.jpg

DSCF8016.jpg

鳴らしてもいい
許してもらえた 
そんな場所を見つけた
次に来たときには 
Field Recordingしよう

DSCF8012.jpg



【5月24日】
- Weather : 晴れ
- Venue : 秋田 十文字 Mumbling Bar
- Named : 
- Live Start : 20:30

DSCF8030.jpg

卯 月 三 日 月 西 の 空
は ら は ら と ヒ カ ル

今 宵 十 文 字 で 交 差 す る は
音 の 神
音 の 民

DSCF8035.jpg



【5月25日】
- Weather : 晴れつづき
- Venue : 山形 小国町 旧小玉川小中学校
- Named : こころのかたち Live
- Live Start : 15:00 / 20:00

DSCF8136.jpg

「あの山は'地神山(じがみやま)'と言うてな」

なにも尋ねていないのに
地元の集落のおじいちゃんが
話しはじめた

「昔のヒトは あそこにカミサマがおると思うたんじゃろな」

あぁ 山の神が話しかけてくれてるんだ
ここで演奏することを
楽しみにしてくれてるんだと
分かった

DSCF8048.jpg

DSCF8050.jpg

マタギの里と呼ばれる山形 小国町
ここの山と人との関わりの深さは
ちょっと他にはないほど

どうやら集落のひとたちに
気に入ってもらえたようだ
来年 雪の季節にまた来ることになるかもしれない

DSCF8061.jpg

DSCF8071.jpg

DSCF8069.jpg

DSCF8080.jpg

シ シ 神 の 山 よ
地 の 神 の 山 よ
溶 け 残 る 白 き 雪 に
身 を ひ そ め る と も

ど ん な と き も
ど ん な と き も

命 を 与 え て く だ さ り
感 謝 し ま す
感 謝 し ま す

DSCF8123.jpg

DSCF8128.jpg

DSCF8129.jpg

『マタギなんて 外の人が言ってるだけだよ
 俺らはそれが生活なだけなんだから
 山菜も採るし 熊も獲る みんなでとる
 あたり前のことなんだから』

DSCF8081.jpg

DSCF8085.jpg

DSCF8088.jpg

DSCF8096.jpg

DSCF8097.jpg



【5月26日】
- Weather : 曇りのち晴れ
- Venue : 新潟 小千谷市 片貝町 忍字邸庭園
- Named : 祭る
- Live Start : 20:00

DSCF8172.jpg

inner memo :
踊りという歓び 同期運動
Please feel your inner groove!!!

DSCF8166.jpg

祭る
ラビラビのマツリカムイ-隼人と
江戸天領/花火と職人の街 片貝の青年会が興したマツリ
最'幸'のマツリ

DSCF8178.jpg

DSCF8182.jpg

L O V E♡Katakai
L O V E♡祭る

DSCF8206.jpg

DSCF8208.jpg

DSCF8212.jpg



【5月27日】
- Weather : 天晴!!! ☀
- Venue : 山梨 道志の森キャンプ場
- Named : Natural High! 2012
- Live Start : 13:20

DSCF8236.jpg

カ ム イ ピ リ カ
チ コ プ ン キ ネ
イ エ カ ル カ ン ナ ー

ワ ッ カ カ ム イ 水 の 神
カ ム イ ヌ プ リ 山 の 神
レ ラ カ ム イ 風 の 神 は 言 う

DSCF8233.jpg

DSCF8234.jpg

踊 る が い い
祭 る が い い
叫 ぶ が い い

内 な る ウ ネ リ を 知 る が い い
内 な る 産 ぶ 声 を 聞 く が い い

4.jpg

DSCF8239.jpg

DSCF8244.jpg

DSCF8245.jpg

DSCF8246.jpg




上弦から
満月へ



| comments(0) | trackbacks(0) | 05:16 | category: 日々ラビ |
# 12513 EARTHDAY@はまでらこうえん PHOTO DIARY

2 0 1 2 0 5 1 3
◐ 下弦 ◐ 
E A T R H D A Y
@ はまでらこうえん

- Photography : NOBBYSURF http://ameblo.jp/nobbysurf/  


z237.jpg

z238.jpg

z239.jpg

z240.jpg

z241.jpg






| comments(0) | trackbacks(0) | 00:00 | category: Photo Diary |
# 2012.5 ◐ 13.14.15.16.17.18.19.20

潤弥生 下弦から
新月へ
なわふみ日記


【5月13日】
- Weather : ハレワタル ☀
- Venue : 大阪 堺市 浜寺公園
- Named : アースデイ@はまでらこうえん 2012
- Live Start : 15:15

DSCF7709.jpg

こころをこめて
' Song of the Earth'
祝詞のように


大 地 が 震 え る と 書 い て '地 震'と 読 む  
大 地 が 震 え る と 水 の 山 が で き る 

あ の と き 地 球 さ ん は 
何 に ふ る え た ん だ ろ う 
何 が あ ふ れ た ん だ ろ う 

わ た し た ち に も あ る よ ね 
コ コ ロ ふ る え る 夜 
わ た し た ち に も あ る よ ね 
ナ ミ ダ あ ふ れ る と き

こ れ か ら も っ と 耳 を 傾 け て こ う 
こ れ か ら も っ と コ コ ロ 傾 け てこ う 
地 球 さ ん の 声 
地 球 の 唄
そ れ が Song of the Earth

DSCF7715.jpg

ほんとうは個人的な喜びに押されそうだった
だから胸に手をあて 演奏中は音楽に集中した

DSCF7703.jpg

この日、私は25年以上ぶりに実の父親と再会した。いわゆる '家族の事情' で父とは音信不通だった。数年前、弟の結婚式で '今なら電話する勇気を出せる!!!' と思い切ってかけた電話は '現在使われておりません' だった。近ごろは、母から '身体の不調をあちこち訴えている' と聞いていた。

きっかけは、やっぱり311だった。明日 いや今日 何が起こるか分からない日々の中で、もしこのまま会わず、次に顔を合わせるのがオソウシキだったりしたら。耐えられない と思った。
死ぬまで後悔するだろうと。そう思ったら踏み出せた。もういちど母に連絡先を教えてもらい手紙を書くところからはじめた。

数度の電話のやり取りがあり、でも確約のないまま当日を迎えた。孫(弟の息子)に一目会いたいとこぼしていたので、弟に話して息子といっしょに来てくれることになった。大勢の人にまぎれ見つけ出せないかもという不安は一蹴された。あの人だ。すぐに分かった。

「おとうさんでしょ?」

父はまったく分からなかったようです。父らしく、おマツリの会場でもジャケットを着込み、胸ポケットには緑のチーフが差してあった。たくさんの '家族の事情' があった。でも今は父のことも母のことも愛しています。私なりにふたりを愛して、看取りたいと思います。



【5月16日】
inner memo : 
Delightful =(人に大きな喜びを与える意味で)楽しい/愉快な/嬉しい



【5月18日】
- Weather : カンナカムイ のち ハレ
- Venue : 岩手 盛岡市 MOTHER
- Named : UPOPO CLOSING PARTY
- Live Start : 22:30

DSCF7724.jpg

伏 ろ わ ぬ 民 の
息 吹 あ ふ る る 盛 岡 で

M O T H E R E A R T H に 伏 ろ い
新 た な 旅 に 出 る ふ た り の
新 し い U P O P O が

こ の 伏 ろ わ ぬ 地 に
響 き 渡 り ま す よ う

DSCF7787.jpg

DSCF7789.jpg



【5月19日】
- Weather : 晴れ
- Venue : 青森 八戸市 東北興行ビル
- Named : S showcase exhibition × ラビラビ
- Live Start : 24:00

DSCF7794.jpg

数 千 年 の 年 輪 の よ う に
数 万 年 の 時 の 重 な り が
見 え る 東 北 青 森

見 え る イ マ も
見 え ぬ ト キ も
見 え る モ ノ も
見 え ぬ モ ノ も

や が て 新 月 迎 え る
蒼 い 森 の 夜 に 溶 け

い ま こ こ を 祭 る
い ま こ こ を 祀 る
い ま こ こ を 奉 る

DSCF7817.jpg

DSCF7819.jpg

DSCF7850.jpg



【5月20日】
- Weather : ハレワタル☀
- Venue : 青森 青森市 小牧野ストーンサークル
- Named : Neonative Meeting 2012

DSCF7872.jpg

◉Neonative Meeting 2012に寄せて

そもそもは
小牧野ストーンサークルの管理と保護をしている
オオハシくんからこの場所へお誘いをいただいたことが始まりでした。
三内丸山遺跡と入内の石神神社に挟まれる、
低い尾根の中腹に広がる列石を見た瞬間から
この場所が大好きになりました。

日をあらためてわたしたちは
ここで一晩 野営をして過ごしました。
なぜここに? どうやって? なんのために? 
時空を超えたなぞなぞの一夜はすばらしい体験でした。
そしてオオハシくんは、こう打ち明けてくれました。

この場所を単なる'遺跡'としての認識を超えた場所にしたい。
'遺した跡'であると同時に、
訪れる現代の人々にとっても'活きた'場所であってほしい。
古代の謎解きだけではなく、現代から未来の人々へのなぞなぞが
生み出せるような場所になってほしい。

それは'縄文の更新'を意味していました。
わたしたちはその考えにとても魅かれました。
だったらどんなふうに更新してのいくか、
鍵となるようなヒトに集まってもらって話し合う場を設けたらどうだろうか。
わたしたちがしたように、
4,200年前そのままの列石のそばで、焚き火を囲んで。
翌朝にはその空で日蝕が起こります。

2012年5月 新月 金環日蝕
時間と空間の「環」が交差する
Neonativeよ、集まれ
このしまのあたらしい部族会議
Neonative Meeitingへ

- Neonative Meeting2012/セレモニーチーフ : ラビラビ/あずみ,ナナ,Piko

DSCF7871.jpg

- 日時 : 2012年5月20日(日)/午後 〜 21日(月)
- 場所 : 'テン'小牧野ストーンサークル(国史跡小牧野遺跡/青森市野沢字小牧野)

- 第2回ホストエリア : 津軽(青森)
- 第2回ホストチーフ : 大橋 憲元
- セレモニーチーフ : ラビラビ(あずみ,ナナ,Piko)

- ミーティング出席者
 ・大西 琢也 : 火起師/福島 
 ・須田 郡司 : 巨石写真家/滋賀
 ・KUNI : 超五感cafe&gallery PANGAEAオーナー/宮城
 ・児玉 大成 : 青森市教育委員会文化財課勤務,こまきの自然学校代表/青森
 ・後藤 公司 : 小牧野遺跡現地スタッフ,青森ねぶた初の跳人保存会「跳龍会」会頭/青森
 ・宮田 剛 : こまきの自然学校スタッフ/青森
 ・秋田 達史 : 三内丸山フェスディレクション担当,aomori Jomo Rockメンバー/青森
 ・リュウ : 民族雑貨 むげん堂青森店店主/青森 
 ・伊藤夫婦 : 小牧野遺跡ボランティアスタッフ/青森
 ・油井 淳光 : Neonative Meeting2012スタッフ/神奈川
 ・高倉 キョウコ : Neonative Meeting2012スタッフ/神奈川

 ・大橋 憲元
 ・ラビラビ

DSCF7873.jpg

- タイムテーブル
 セレモニーの時間のみを明記してあります
 それ以外は時間に追われるのではなく 
 参加者全員で良い流れと空間を創りたいと考えています

 ◯お昼/集合→準備
 ・自己判断で 集まりに必要だと感じた時間に集まりそこにいるヒト全員で準備
 ・日の入のセレモニーの前に ストーンサークルに張られたロープを外し
  石のエネルギーを解放します

 ◯18:49(日の入) 場開き/ストーンサークル中央にて
 ・火起こしのセレモニー:大西 琢也さん(キャンドルに点火)
 ・石笛/ストーントーク:須田 郡司さん
 ・キャンドルから火を運びキャンプファイヤーに点火

 ◯火を囲み食事

 ◯小牧野ストーンサークル発掘報告:児玉 大成さん

 ◯休憩

 ◯Naonative Meeting
 ・ストーンサークルを更新するためのアイデア
 ・そのアイデアを実践していくための具体的なプロジェクト
 ・小牧野遺跡という名前をどのような名前に更新するか

 ◯4:11(月の出)〜4:17(日の出) 火と環を宇宙に還すセレモニー
 ・演奏:ラビラビ(東の山際が見えるテントサイトにて)
 ・キャンドル消灯::大西 琢也さん

 ◯6:28(日蝕開始)
  7:45(蝕 最大)
  9:13(日蝕終了)

 ・その場にいる全員で片付け

DSCF7875.jpg

DSCF7895.jpg

この会は 地元の主催者の方の希望で
完全な非公開/非営利で行われました
この夜のお食事は
小牧野の部落に住む方が
地元の食材を使った
郷土料理を振る舞ってくださいました

DSCF7870.jpg

ロープをはずされたストーンサークルは
ことばを失うほどのパワーを放っていた

やっと縄文に触れた
という思いと同時に痛感した
柵というものの威力

DSCF7869.jpg

日の入の開会セレモニーに至るまでの準備作業
セレモニーのやり方
プログラムの進め方
そのすべてが 
見えないモノとの 
時空を超えた壮大なやり取りだった
それは直感と畏怖に満ちていた
理屈じゃない
瞬間瞬間が 研いだ感覚で向き合う連続
'交信'だった

DSCF7879.jpg

DSCF7881.jpg




DSCF7897.jpg

DSCF7901.jpg




新月から
上弦へ



| comments(0) | trackbacks(0) | 08:47 | category: 日々ラビ |
# 1256 Supermoon & 12512 'INUZARU' PHOTO DIARY

2 0 1 2 0 5 0 6
◯ Supermoon
@ 高知 幡多郡 海のバザール

- Photography : YOKO


DSC00200%5B2%5D.jpg

DSC00203%5B5%5D.jpg

DSC00214%5B2%5D.jpg

DSC00216%5B8%5D.jpg




2 0 1 2 0 5 1 2
@ 愛知 犬山市 日本モンキーパーク
◯ '若い太陽の塔'(岡本 太郎)広場

- Photography : cazrow AOKI http://www.eternalism.jp/


1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg






| comments(0) | trackbacks(0) | 00:00 | category: 音旅 |
# 2012.5 ◯ 6.7.8.9.10.11.12

潤弥生 満月から
下弦へ
なわふみ日記


【5月6日/満月 -Super Moon】
- Weather : 晴天
- Venue : 高知 幡多郡 海のバザール
- Named : ハルワタル音旅 #6:海のバザール リニューアルオープン こけらおとし
- Live Start : 19:30

inner memo :
列島の神鳴りを
響かせる

DSCF7359.jpg

Super Moon
太平洋からいづる
今年いちばん大きな
今年いちばん明るい
満月

そんな日だから
宙はエネルギーがあふれかえって
稲妻がじゃんじゃん列島を突き刺す
そのたびに身体がバキバキとチューニングされる
雨が激しくなる

でもぜんぜん不安じゃなかった
これは初めての場所に行くための
四国という神島へ行くための
オキヨメだ

龍神さまの胴だとはっきり分かるほどの
ぶあつい雲は頭上を走り抜け
案の定 瀬戸大橋を渡り切る頃には
完全な夏空になった

オキヨメ 完了
カミシマ 入島

DSCF7364.jpg

会場のカフェは かつて '地球屋' というパーティをオーガナイズし
千葉 いすみ市で '中滝アートヴィレッジ' をつくりあげた
Yojiさんがリノベーションを手がけた
311のあと 家族とともに地元高知にたどり着き
そこに暮らす若者と また新しいコミュニティを創り出そうとしている
今はいすみと行ったり来たりしているそうだ

- 中滝アートヴィレッジ
 http://www.nakadaki-art-village.com/

DSCF7383.jpg

DSCF7384.jpg

DSCF7394.jpg

DSCF7401.jpg

DSCF7399.jpg

DSCF7386.jpg

昇ってきた月は
思わず浜にひれ伏してしまうほどだった
クンネ チュプ
夜の太陽

DSCF7407.jpg

DSCF7412.jpg

その赤い目玉が
海に道を描きだす頃
演奏がはじまった

2007年 熊本 阿蘇の山際から昇る月とともに鳴らした 初めての 'にじのみさきまつり'
2011年 宮城 石巻のガレキの山の中で 見える/見えないすべてのいのちを祭った夜

5月の満月は
伝説に満ちている

DSCF7423.jpg

DSCF7425.jpg



【5月7日】
inner memo :
New Day
New Sun

DSCF7428.jpg

バイロンベイにいるのかと間違うほどの
美しい海辺の宿で目を覚ます
今日は 足摺岬のある半島へ

DSCF7441.jpg

DSCF7445.jpg

DSCF7448.jpg

大岐(おおき)の浜
臼碆(うすばえ)の灯台 
竜宮神社
白山(はくさん)洞門
唐人駄馬(とうじんだば)のストーンサークルと巨石群

DSCF7470.jpg

DSCF7474.jpg

DSCF7481.jpg

DSCF7484.jpg


    


アボリジニの人々が '龍の頭' と呼んだバイロンベイ
足摺の半島もそんな場所だった
多くの御嶽があり 女性の神聖さをリスペクトする沖縄の匂い
南からの流れを 濃密に感じた
石を使う部族の存在や 海人族の存在も

DSCF7495.jpg

DSCF7501.jpg

DSCF7512.jpg

DSCF7527.jpg

DSCF7532.jpg



【5月9日】
- Weather : ハレ と オキヨメ
- Venue : 広島 広島市 Koba
- Named : ハルワタル音旅 #7:GW Special☆Busking Style!
- Live Start : 20:00 / 21:30

inner memo :
語らずして
それができるようになるための
道がはじまる

DSCF7534.jpg

朝9時 高知を出る
すばらしい3日間だった
さぁ ハルワタルオトタビ 最終週

本州へ

広島に入る
四国へ渡ったときと同じように
ひとときヒカリのアメが降る
いつものオキヨメ

街に近づくほどに感じた
ここには大きな龍が ぐるりとなっているんだな
それとも鯉か?
それともオジーか??

DSCF7538.jpg

Kobaは毎年訪れている
最初は2008年8月6日
ヒロシマ平和の日にひらかれた
Peace Eventに呼んでいただいたのが きっかけだった

その日のライブは 自分たちでもそうだと思うほど
伝説的にHotで Happyで Peacefulな夜だった
演奏と日記は 翌年リリースされた「ライジング ポイント」に収録され
今でも語り草になっている

DSCF7541.jpg

オーナーのBOMクンは
ラビラビがこの7年間 数百の会場で知り合った人々のなかでも
3本の指に入るほどオモシロイひと
おまけに すごーーーく いいひと
だから 毎年来ちゃう
そんな HR/METAL Bar!!!!!!!

DSCF7537.jpg

DSCF7543.jpg

DSCF7548.jpg

DSCF7552.jpg

DSCF7557.jpg



【5月11日】
- Weather : くもり
- Venue : 京都 京都市 京都大学西部講堂
- Named : ハルワタル音旅 #8:オキュパイ西部講堂
- Live Start : 13:20

DSCF7563.jpg

伏 ろ わ ぬ 民 た ち の
音 楽 に 伏 ろ う 祭 り
オ キ ュ パ イ
西 部 講 堂

DSCF7562.jpg

DSCF7571.jpg

魑  魅  魍  魎

この言葉にしっくりきて
それが心地よくて
ただ 音楽に集中した

ここで繰り広げられた
数々の伝説のライブの
揺れ残る原子に
溶けたい

私たちの音楽も
響いてて
微かでも

ち み も う り ょ う

DSCF7574.jpg

DSCF7576.jpg

DSCF7587.jpg

追記:
ハッパ丸と入れ替わりに長野でもらった(!!) HONDA 'STREET'くん。長野→岡山→高知→大阪と旅して友達の整備士さんに診てもらった。これからずっと乗り続けるつもりで、高知で大掃除しピカピカに洗車したのだ…にもかかわらず彼の言葉は「この車を乗り続けるのは危険すぎます。とうていこのまま車検は通らないしオススメできない」1,000kmの旅は、STREETくん最後の大冒険になってしまいました。とても残念だった。この1週間ブルンブルンわたしたちを運んでくれて、もう仲良しだったから。ありがとうね!!! 最後にピカピカにできてつくづくよかった!!! 
1週間で2台の廃車。ラビラビ号の行方やいかに???(つづく!?)

DSCF7598.jpg



【5月12日】
- Weather : ハレワタル ☀
- Venue : 愛知 犬山市 日本モンキーセンター
- Named : ハルワタル音旅 #9:イヌザル
- Live Start : 16:20

DSCF7601.jpg

DSCF7603.jpg

'若 い 太 陽' が 生 命(せいめい)の シ ン ボ ル な ら
私 た ち の 真 ん 中 に も 若 い 太 陽 が あ る

DSCF7615.jpg

DSCF7623.jpg

イ ヌ ザ ル
太 陽 の 恵 み 受 け
芸 術 に 伏 ろ う

DSCF7612.jpg

DSCF7632.jpg

イ ヌ ザ ル
明 日 の 神 話 を
創 造 し よ う

DSCF7653.jpg

DSCF7659.jpg

DSCF7661.jpg

DSCF7637.jpg




下弦から
新月へ



| comments(0) | trackbacks(0) | 12:35 | category: 日々ラビ |
# 2012.4-5 ◑ 29.30.1.2.3.4.5

潤弥生 上弦から
満月へ
なわふみ日記


【4月29日/上弦】
- Weather : 暑☀!
- Venue : 京都 左京区 natural food restaurant Village
- Named : ハルワタル音旅 #2:GW Special☆Busking Style!
- Live Start : 20:45 / 22:00

前夜のうちに 名古屋から大阪の実家へ
ゆっくり眠って お昼に出発
ハルワタル音旅 2日目は京都

DSCF7173.jpg

DSCF7188.jpg

先々週に演奏させてもらった 'Raw Cafe by cacao ∞ magic' ヘ立ち寄る
銀閣寺 哲学の道は 花びらから若葉の小径になっていた
この日のRaw Choco Taltも絶品
先日のお礼にと Raw Choco Boxをいただく!!!
今夜のライブは *アナンダマイドNite* 決定
:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:

DSCF7189.jpg

DSCF7192.jpg

'巨石と縄文トランス' 以来のVillage
いつものようにオーナーたっちゃんそのままのナチュラルで気取らない空気
大好きな Musica place

DSCF7212.jpg

演奏まであまり時間がなかったから
さっそくtuningしていく

DSCF7195.jpg

大阪 , 三重 , 愛媛 , 京都 … 
HPとSNSだけの告知だったにもかかわらず
各地から流れを合わせて集まってくれた

場のウネリ 上弦のウネリ 3人のウネリ
ほかにも多くの要素が交差していた
龍脈のムラに気が集まり 高まる

DSCF7202.jpg

2セット目は初めての試み Live Mix
MCを一切入れず 止まることなく演奏をMixしていく
心地よい集中 さらに気は高まる

幸福 解放 創造性
キラキラした夜

DSCF7208.jpg



【4月30日】
- Weather : ☀
- Venue : 愛知 名古屋市 live & lounge vio
- Named : ハルワタル音旅 #3:EARTHDAY NAGOYA After Party!!!
- Live Start : 22:00

DSCF7255.jpg

春の音旅3日目
名古屋へトンボ返り
昨日につづいて
キーワードは
'おいしい☆'

DSCF7258.jpg

vioは3回目
新栄という大きな街の地下にも関わらず
まずその空気の良さ(清浄さ)にいつも驚く

Live,DJイベント,Workshop, あらゆるスタイルで楽しめる
Club仕様のスピーカーは 大きな音でも疲れない音像を放射してくれる

なんと言っても ドリンク,フードが素晴らしい
都会の地下のイベントで とびきりのマクロビディナーが食べられる!!!

そしてサイコウなのは
この空間を創り出した
オーナーのメイさん ☆v☆

DSCF7218.jpg

初めて来たときから
空気の清浄さと
建物の名前が
気になっていた

「雲龍flexビル」

控え室のお手洗いにも
美しい龍の絵が飾られている

そのことをメイさんに伝えた
答えはこうだった
このビルの上には阿龍と吽龍を祀る「雲龍寺」というお寺があり 
ここには対をなす龍が住み
そもそもはお寺のビルなのだという

なるほど

読みはだいたい
当たっていたようです

DSCF7225.jpg

この日は 'EARTHDAY NAGOYA After Party!!!' と勝手に名付けてみた^^;
実行委員会のみなさんも快くOKしてくださって実現した
Party Goods 'HAPPY JOINT' の出店で 
会場はビカビカ☆fun!!fun☆スペースに変身

DSCF7227.jpg

saihateくんも
『ラビラビで VJ 、これもVJというよりインスタレーション、ぶっ飛ばした!
 > lounge vio』@saihate1 

DSCF7231.jpg

Koutarou-Sunshineも
『今夜は最高!!!皆様ありがとう!ラビラビ最高!かむあそう最高!
 saihate素晴らしかった!アースデイ名古屋ありがとう!ひろくんお疲れ様!
 ありがとう!皆様本当にありがとう!ようすけ、きょうこ、幸太郎最高のライブを
 ありがとう!!!幸せな夜だなぁー。さぁ、立夏は目の前だね(o^^o)』@koutarousun

DSCF7253.jpg

やじぃ(かむあそうJAMMIN')くんも
『みんな今夜も楽しかったねー!!VJ saihate meetsラビラビ!最果ての記憶が蘇る瞬間!
 かむあそJAMMIN'も@koutarousun MIX&郡上にやってくるこーじろーも混じって
 楽しませてもらいましたー!!アースデイ名古屋まじでオツカレサマディー!!
 ありがとう!!』@yaj_i_mahal

DSCF7242.jpg

お客さんも

DSCF7237.jpg

DSCF7247.jpg

みんないつものNagoya Styleで
どんどんHappyを増産
ホカホカの夜

DSCF7248.jpg



【5月1日】

DSCF7260.jpg

昨夜は
やじぃくんちに
泊めてもらう

温泉に向かう途中で
赤池龍神弁財天に立ち寄る

DSCF7261.jpg

飛水峡と呼ばれる巨岩,岩山の景勝地
なんといってもここは
日本最古の石が発掘された
ふるい ふるい 大陸のはじまりの地
神社は 川とそれに彫刻された岩々が大きく蛇行するポイントにある

すべての音 , 風がスーパーサラウンドでスパイラルし立ち昇っていく
スパイラルの中央には「赤池」と言われる地球さんの入り口
その入り口を守るように ドラゴンはぐるりと鎮座 
頭を入り口のそばに 横たえている

火が水を守り
水が火を磨く
ca/mi の結び

DSCF7264.jpg

DSCF7267.jpg

'ふたりであの唄をやろう'
前日の約束を
今日叶える
これ以上の場所はないと
4人ともわかってた

DSCF7266.jpg

やじぃくんと
'SONG OF THE EARTH'を唄う
地球さんに唄う
風と鳥と光に唄う

神の淵の麻生で唄う
地球さんの声を聞き
それを伝える部族(トライブス)だと
約束する

サイコウの
ホウノウ

ありがと やじぃくん


    




【5月2日/八十八夜】
inner memo :
ダイスキ が どんどんあらわれて あつまって
つながりはじめたから そのむずかしさも
あらわれはじめた そのむずかしさは
じぶんのなかにあるな それを探る旅だ
あしたから きょうから いまから

DSCF7274.jpg

山なんやで過ごす
中州の突端には
地球さんのスキマがある

そこで1度ゆるむ水のたまりは
ヴィーナスのバスルーム

女神がひと息 
ラビラビも
ひと息

- 山なんや
 http://yamananya.jimdo.com/



【5月3日】
inner memo :
Dark ● Matter
Bright ◯ Matter

DSCF7277.jpg

八十八夜の翌日が
八八◯(はっぱ丸)との
最後の旅になってしまった


朝 岐阜を出て長野へ向かう
最近はハッパ丸の体調を考え
坂の少ない東名高速を通ることが多かった
でも3人とも ほんとは中央道の景色が大好きだった
ハッパ丸も きっとそうだったんだろうな
ラスト ロードトリップにこのルートを選んだのだからね


長野道を降り Pikoがあらかじめ探しておいた温泉に直行する
ここに来るのに 急勾配を時速2km(!)くらいでよじ登った
そこには美しいカミサマがいて 観音様がハッパ丸を見つめていた
わたしたちは源泉掛け流しの地球さんリキッドに身を浸して
翌日からの3日間/1,000kmの移動と演奏のためのパワーチャージを完了させた


元気を満タンにして 宿に向かう
あと数百メートルで 宿にたどり着くというとき
突然エンジンが切れて 街中の大きな交差点でハッパ丸は危篤状態になった
心臓マッサージをするみたいに イグニッションを何度もひねって
なんとか かんとか宿に着く 
パーキングに停めるとき 最後は人力で押して駐車させた


ハッパ丸は ラビラビいちばんの働き者
1年で7万km 高速道路 , 大都会 , 田舎道 , 林道 , とてつもない悪路まで
人間3人とすべての楽器と旅荷物をぎゅうぎゅうに乗せて
計27万kmを駆け抜けてきた
地球 約7周分

事故もなく 故障するときはいつもお休みの日で修理屋さんの近く
40℃近い南国も -15℃の北国も いつもいっしょだった
細かいメンテナンスを何度もくりかえし それでも最近は正直ギリギリだった

とうとう来た

それが本音だった
それは唐突にやってきて驚いたけど
そういうことは 唐突に来るものなんだろうな


一晩 待ってみることにした
翌朝 目を覚ますかもしれない
アクシデントでフリーズしそうになる脳内HDの再起動ボタンをぎゅぅっと押す
GWの真っ最中 それでも修理屋さん , レンタカー , 中古車屋さん ,
翌日のライブのオーガナイザーへの連絡など
できうる限りの手配と準備をしておいた

ナナは「楽しくなったら また動いてくれるかもしれない」と
車内で'楽しいリズム'の練習をくりかえした

3人とも
明日に掛けて
眠った



【5月4日】
- Weather : ハレ ときどき オキヨメ
- Venue : 長野 長野市 オリッピック セントラル スクエア
- Named : ハルワタル音旅 #4:善光寺花回廊
- Live Start : 13:30

DSCF7281.jpg

早朝 セージを焚いてお祈りした
車内で発声しながら ハッパ丸にココロを込めて唄った
ハルワタルオトタビ 最後までいっしょに旅できますように

「ハッパ丸
 朝だよー
 起きてー」
ナナが声をかける

それでも結局 目を覚まさなかった
朝のお祈りが カムイノミになってしまった


さて 事態はemergency
旅の残りの日数分レンタカーを借りたら とんでもない額になる
いっそのこと中古車を探したが それでもやっぱり相当になる
午後1時からはライブが入っている
翌日には岡山に移動していなければならない

かたっぱしから長野のトモダチを当たる
2週間ほど車を貸してはもらえないか
念のためにレンタカーの営業時間 , 借りられる車種をもう1度確認しておく
この日の楽器は イベントの担当者の方が運んでくれることになった
長野に前日入りしておいてほんとうによかった


そうこうしているうちに
演奏の時間が迫ってくる
車のことを脇に置きながら
ライブへのチューニングを整える

最後の「オルガグルウ」は
観てくれたお客さんと
ハッパ丸に精一杯演奏した
お日さまの見える空から
ハラハラと雨が落ちた


急いで楽器を片付けてレンタカー屋さんに行かなくては そう話していたとき

「車 あるかも」

この日 いっしょに出演していた 'チョコレートオーケストラ' の
ナツミちゃんが働いている 'Neon Hall' という私達も大好きな古民家ライブハウスで
使っていた軽自動車(ワンボックス!)が空いているはず という
すぐに連絡を取ってくれた

! ! ! ! ! ! ! ! !
く る ま が み つ か っ た
し か も
も ら え た
! ! ! ! ! ! ! ! !

最後の最後で
また命拾いした
この車の存在を
ハッパ丸は知ってて
長野までわたしたちを
運んでくれたんだろうか

DSCF7280.jpg

廃車のための仮置き場へ
ハッパ丸がレッカーされていく
もう自力で動くことはなく
空中をユラユラ運ばれるハッパ丸の後をついていく
偶然にも 前日入った温泉のすぐそばだった

DSCF7287.jpg

日の暮れた長野は まだまだとても寒かった
仮置き場で車内の荷物をすべて移す
Pikoがナンバープレートを外す
ナナはていねいに ていねいに最後の掃き掃除をし
もう1度だけ イグニッションをひねった
ハッパ丸は 空咳のような声をあげて心電図の波形は消えた

DSCF7285.jpg

岡山へ向けて発つとき
ナナのかけた最後の言葉が
いまでも忘れられない

「ハッパ丸
 夜だよ
 おやすみ」

DSCF7286.jpg



【5月5日/こどもの日 , 立夏 , Super Moon , 日本列島全原発停止】
- Weather : 晴天
- Venue : 岡山 岡山市 KAPITAL 岡山店
- Named : ハルワタル音旅 #5
- Live Start : 16:30

DSCF7327.jpg

前夜 長野を発ち
深夜 大阪の実家で仮眠
早朝 岡山へ

あたらしい車の コンディションを確かめながら走る
18年かけて 15万km走ってきた車が
いきなり3日間で1,000km走る
びっくりしてるだろうな^^;

DSCF7289.jpg

DSCF7294.jpg

KAPITAL
わたしはその存在を 実は知らなかった
全国/海外に十数店舗を展開するデニムを中心にしたブランド
破天荒な店舗展開と 'イイ'と感じるものをダイレクトに商品に生かしたモノづくり

タクラミとセンスが
ピカイチに交差している
ステキだなと素直に思えた

顧客にはキムタクやベッカムがいる とのこと
なるほど そのピカイチ感も納得できた

- KAPITAL
 http://kapital.jp/

DSCF7297.jpg

DSCF7323.jpg

岡山店は 古い倉庫のような 古民家のようなつくり
でもそのすべてを 0から造り上げたという
岡山市の 街中の 大きな交差点の角に
寝っ転がれるような芝生の庭がある服屋さん
今日はこの庭のステージで
バ☆カ☆ス☆カ☆響かせる

最近多い 'まちなかバカスカ!'
味をしめそうww
気持ちいいもん

DSCF7316.jpg

DSCF7320.jpg

DSCF7321.jpg

DSCF7302.jpg

この日は列島にとってトクベツだった
立夏で Super Moonで こどもの日で
そんな日に

日 本 列 島 の 全 原 発 は 停 止 し た

!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!☆!

『列島の原発さん!!! 
 今日までありがとう!!! 
 立夏/こどもの日/スーパームーン!!!
 エネルギーシフト元旦!!! 
 あ け ま し て お め で と う!!!!!!!』
 @neonative

DSCF7330.jpg

DSCF7332.jpg

この日の演奏を拡張してくれた電力のために
放射能が放射されることはなかったのだ

DSCF7339.jpg

DSCF7344.jpg




満月から
下弦へ




| comments(0) | trackbacks(0) | 12:35 | category: 日々ラビ |
# 2012.4 ◉ 21.22.23.24.25.26.27.28

潤弥生 新月から
上弦へ
なわふみ日記


【4月21日/新月】
- Weather : cloudy
- Venue : 東京 明治神宮 西芝地 / 原宿門前
- Named : アースデイいのちの森
- Live Start : 13:20 / 14:30

inner memo :
公正な記憶を持ち
幸せと歓びにあふれた愛を生き
創造性に満ちた未来へ
立ち昇っていく

DSCF7007.jpg

明治の森は おしえてくれる
わたしたちの 美意識の高さを

DSCF7013.jpg

明治の森は おしえてくれる
やっぱりヒトは 森と共に暮らせると

DSCF7014.jpg

いのちの森は おしえてくれる
リスペクトが どれほど尊いものかを

DSCF7032.jpg

いのちの森は おしえてくれる
100年後も 200年後も
森とともに ヒトは美しいのだと
森とともに 明るく治まるのだと

DSCF7033.jpg

『明治神宮アースデイいのちの森。森の中の太陽光発電ステージ。
 ラビラビのライブが始まった。人は森と共に生きていく。
 @ 明治神宮 (Meiji Jingu Shrine) http://instagr.am/p/JqxCAUw8rq/
 - 谷崎テトラ(@tetra_)from Twitter

DSCF7035.jpg

この列島の風土が 創ってくれた美意識
どんなに列島が 傷ついても
その美意識さえあれば
このしまは 何度でも
美しく蘇る

DSCF7037.jpg

明治神宮での演奏を終え 水道橋へ向かう
武藤 類子さんにお会いするため


    


- 『福島からあなたへ』
 http://www.otsukishoten.co.jp/book/b97138.html 
 http://youtu.be/5xdszFXI2J0

類子さんは わたしたちのとても信頼する方です
30年近く行ってきた原発へのアクションは徹底して「非暴力」が貫かれており
愛と優しさにあふれた しなやかな方です

'ウミ ソラ ワタル オトタビ' で訪れたオーストラリア,タイ
'アイとマニー' は 'LOVE & MONEY' へ
ちいさな列島で行っていた活動そのままに
東北への支援金を集めました
この支援金を武藤 類子さんに託すことに決めました

次回の東北 'アイとマニーを届けよう' ツアーは 秋以降が予想されるので
もっと早い時期に届けたい というのと
できれば福島の子供たちやお母さんを助けることに役立てて欲しい というのと
いただいた支援金は直接手渡したい という希望がありました

福島県三春町在住の類子さんは

- 子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
 http://kodomofukushima.net/

- TEAM二本松 市民放射能測定室
 http://team-nihonmatsu.r-cms.biz/
 
そのほか多くの お母さんと子供を守るための会に関わられていらっしゃいます また

- ハイロアクション
 http://hairoaction.com/

- 福島原発告訴団
 http://fukushima20110311.blog.fc2.com/blog-entry-57.html

などの活動もされています
類子さんなら 誠意を持って活動へ役立ててくださると判断しました

DSCF7043.jpg

お互いの予定が合う日を待って
やっとお届けすることができました

「ほんとうにありがとうございます
 的確なところへ役立てさせていただきます」
とおっしゃって受け取ってくださいました

この報告をするにあたって 類子さんに連絡をとったとき
最後におっしゃった言葉が 忘れられません

「今 福島で
 いちばん進んでいるのは
 復興ではなく
 分断です」

DSCF7039.jpg

[ LOVE & MONEY for TOHOKU ]
※レートは3/6帰国時のものです
・オーストラリアドル 650$ → 50,466円(77.64円)
・ニュージーランドドル 5$ → 285円(54.04円)
・アメリカドル 3$ → 236円(78.55円)
・ユーロ 3€ → 311円(103.83円)
・タイバーツ 3,479THB → 7,619円(2.19円)
・日本円 → 974円

Total : 59,891円

いただいた支援金は 類子さんによって
下記の活動に役立てられることが決定しました

- ふくしま集団疎開裁判
 子どもたちを福島原発事故による被ばくから守るため
 集団疎開を認める決定を求める裁判です
 http://fukusima-sokai.blogspot.jp/

- 安心 安全 アクション in 郡山
 子どもたちの安心,安全な環境を求めて
 郡山のお母さんたちが立ち上げた会です
 http://aaa3a.jp/

- わたり土湯ぽかぽかプロジェクト
 福島市の中でも特に空間線量が高い状況が続く渡利地区の親子の方に
 車で30分ほどの土湯温泉(福島市西部)で滞在してもらおうというプロジェクト
 http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-f90d.html


確かにお届けしました
ほんとうにありがとうございました



【4月22日】
- Weather : 雨 のち 火事!
- Venue : 東京 八王子 高尾山 Tree House
- Named : アースデイ高尾
- Live Start : 15:30

inner memo :
ふたりのリズムと
もっとくっついたら
もっと自由になれる

それは幸せと歓びに
もっともっと
抱きしめられるってこと

DSCF7045.jpg

これから 坂田 'ボンバイエ' 昌子は
高尾山で アースデイを開催していくらしい

DSCF7100.jpg

モットーは スロー/スモール/シンプル
まさにそんな集まりだった

DSCF7080.jpg

DSCF7095.jpg

雨なのに
知恵と工夫で
じゃんじゃんイイ空間に仕立てて
ツリーハウスも 今日ばかりは子供たちであふれてウレシそうで

DSCF7068.jpg

斜面に張り出したデッキで 演奏がはじまる

デッキ

あー、高尾山の向こう側にもあったな

デッキ

わいわいアースデイだったんだ この日は

DSCF7097.jpg

DSCF7065.jpg

雨のなか
龍神さまと天狗さまに
Fly Dragonを演奏した

そのころ日影沢キャンプ場で
火の手があがった
お昼 別のイベントをしていたヒトたちの
不始末だったようだ

ドラゴンの狼煙を知らず
Tree Houseは高尾山を祭る奇声で
水蒸気の狼煙をあげていた

DSCF7115.jpg

火(ca)
水(mi)
が降りたのだ

伝説のアースデイ

DSCF7116.jpg



【4月23日】

inner memo :
純粋であれ
野蛮であれ
火と水を愛せ
人々と共にあれ

自己と共にあれ
全生命と共にあれ
見えないものと共にあれ
人々と共にあれ

DSCF7012.jpg

先日 京都で知り合った香さんのyoga classを受けに行く
http://www.santosima.com/

大好きなヒトとの時間は
会う前からハッピーだ
そういう時間を
どんどん増やすんだ

好きなことだけをやっていく は 撤回
大好きなことだけを やっていく

そんな雨の日
心地よい水の日
乗り換えで降りた渋谷駅で
巨大な火に出くわす

DSCF7119.jpg

ずっと旅を続けて
電車に乗ったり
渋谷に出たり
ぜんぜんなくて

ココにあることは
情報で知ってたんだけど
すっかり忘れてて

出くわしタロウ!!!!!!!

DSCF7120.jpg

水の日
火の目
またもca-mi降ろし
しかも
その名前は

DSCF7123.jpg

DSCF7125.jpg



【4月24日】

inner memo :
火 , 水の日が続いたあとは
光と祝福の日が やってくるのだな

とうとうクロツグミも渡ってきて
世界は歓びのしるしにあふれる

火 水 に逢う日
光 を飲み込む日

DSCF7047.jpg

BodyとMind を磨いていく
Spirit が透けて見えてくる
脳を解放し宇宙と歩調,リズム,grooveを合わせる

風土は
大きい



【4月25日】
inner memo :
整えることで生まれる 破壊力
シンクロする 創造力!!!!!!!



【4月27日】
inner memo :
yogaをする
身体を
'優しさ'が
通り抜けていくのが分かる

同時に 
'悲しさ'が
通り過ぎるのが分かる

傷ついているな

DSCF7011.jpg



【4月28日】
- Weather : 暑☀!
- Venue : 愛知 名古屋市 テレビ塔の股の下
- Named : ハルワタル音旅 #1:アースデイ名古屋
- Live Start : 16:55

DSCF7131.jpg

朝5時
東京出発
今日から3週間の
ハルワタル音旅

DSCF7133.jpg

'春渡る'と名づけて いきなり25℃を超える晴天
持ってきた服は ほとんど衣替え前
まちがえたなー

DSCF7144.jpg

DSCF7138.jpg

DSCF7141.jpg

東京タワー 通天閣 テレビ塔
デジタル放送がはじまり 高度経済成長のシンボルだったこれらの塔の行く末はいかに

使い捨ててしまうんだろうか?

DSCF7136.jpg

街のシンボルを 簡単に置き去りにしてしまうような文明は大したことない
意地でも5000年くらい残してみてはどうだろう
ぜんぶそんな心意気で作ればカッコいい
TOYOTAの車も 音楽も

DSCF7137.jpg

DSCF7153.jpg

大きな街のまん真ん中で
はっちゃけるのはオモシロイ
普通ならお巡りさんがすっ飛んでくる場所で
みんなで声のかぎり 身体のかぎり 名古屋を 祭る 奉る 祀る !!!!!!!

DSCF7167.jpg

おまつりピーポー ラビラブピーポーだけじゃなくて
そういう場所に普段来ないヒトも ギャルもギャル男も見てる
だからなおさらイイ

DSCF7168.jpg

街で響かせる
それにはそれの
理由と必要が
ちゃんとあるのだ

DSCF7169.jpg

'民'のいる場所
どこへでも




上弦から
満月へ



| comments(0) | trackbacks(0) | 18:57 | category: 日々ラビ |
# 2012.4 ◐ 13.14.15.16.17.18.19.20

弥生 下弦から
新月へ
なわふみ日記


【4月13日/下弦】

DSCF6743.jpg



【4月14日】
- Weather : ☂ → ☀
- Venue : 福井 大野市 国生山 佛性寺 黒谷観音
- Named : RAINBOW EARTH
- Live Start : 17:00

朝3時 雨の東京を出発

DSCF6746.jpg

1年ぶりの福井
311で福島から避難した方々が
避難先の福井でお世話になったお礼に と
昨年から開催されるようになったアースディ
今年もまた すばらしい場所でヒラかれた

福 × 福 Earthday

DSCF6750.jpg

高速を降り
朝9時
雨はほぼ上がった
九頭竜川に添って
岐阜を抜け福井に入る

DSCF6756.jpg

九頭竜 と呼ばれる川は
雪解けの清冽な水を集め
万という年月をかけ山を彫刻しながら
海へ泳いでいく

DSCF6767.jpg

時間の水に削り上げられた荒島岳は
春の息吹を満々に称えた見事な神山

DSCF6776.jpg

Wikipediaにはこうある
『約2000万年前、日本列島がアジア大陸から分離する頃、荒島岳の位置に巨大カルデラ火山
 があった。そのカルデラ火山が、長い年月の間に浸食をうけた。その残骸(コールドロン
 と呼ばれる)が荒島岳である。南側の九頭竜川支流の荒島谷川は深い谷で「まぼろしの
 大垂(おおたる)」と呼ばれる落差60mの福井県で最大規模の滝がある』

DSCF6777.jpg

読みはだいたい当たっていた
Mt.Wollonbin 荒島岳
男の山に守られるラビラビ

DSCF6797.jpg

DSCF6820.jpg

会場の佛性寺周辺も なかなかに不思議な匂いのする場所だった
謎解きをしたくなるような ヒミツを宿している
十一面観音さまがマツられたお寺とこの一帯は
そこらじゅうで水が湧き出し 泉があふれる女性性に満ちた場所だった

DSCF6818.jpg

美しい火と水が交わるところ
火 水
ca mi

早春のca/miに魅せられて
そのチカラを十分にいただいて
古くからの集落へ'よろしくお願いします'と唱えて
大野の山で縄文トランスを響かせることができた

DSCF6832.jpg



【4月15日】
- Weather : ☀ ときどき 日輪
- Venue : 京都 左京区 RAW CAFE by cacao magic
- Named : Opening Party
- Live Start : 20:00

DSCF6835.jpg

お昼前 福井を出発
午後3時 お花見で桜も人も満開の銀閣寺に到着

DSCF6860.jpg

哲学の道のそばに
仲良しのsumireさんがはじめたRaw Food Restaurantができた
そのOpeninng Parrtyに呼んでいただいた

DSCF6852.jpg

文句なし
すばらしいお店
そしてまったく文句なし
すばらしい飲みもの お食事

期待は300%
叶えられた
大絶賛

- RAW CAFE by cacao∞magic
 http://cacaomagic.exblog.jp/

DSCF6865.jpg

DSCF6877.jpg

さらにこの日は
大リスペクト/大好き/EXPEさんとのジョイント
ひさびさの再会に Happy満開 ☆o☆
演奏するにあたって ヨシタケ(EXPE)さんの音響機材を貸していただけることになった

いい響きを創る

その意志が具現化された機材は Creativityのビーム!!!!!!!を放ち
ため息さえ出た

- nuexpe | YOSHITAKE EXPE Offical Site
 http://www.nuexpe.com/

DSCF6872.jpg

DSCF6875.jpg

外で待ちかねたお客さんが 続々と入ってくる
そのなかにも 大好きなヒトが満開だった
HIDEYOさん(http://www.hideyo.jp/
香さん(http://www.santosima.com/

DSCF6929.jpg

大好きなヒトが見守ってくれる前で演奏できるのは
それだけでオンガクのカミサマからのgift
この日はcacaoの魔法もかかって
わたしの脳内はアナンダマイドが放出されまくった夜

DSCF6921.jpg

つまり
シアワセが
ゲキテキに
満開だったのです
:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:

DSCF6894.jpg

DSCF6906.jpg

身体のなかは
酵素で満タン

ダイスキ って
シアワセ だな

DSCF6932.jpg



【4月16日】

オオサカで過ごす
ダイスキめぐりの休日

DSCF6933.jpg

- Emerald Thirteen(http://www.emeraldthirteen.com/)の展示会
でヨシミさん(BOREDOMS)に

DSCF6935.jpg

- salon クジラウオ(http://whalefish.jimdo.com/
でHiralionさんとさんざんVision Talk

DSCF6938.jpg

DSCF6939.jpg

DSCF6941.jpg

仕上げは
江戸っ子 ナナのために
THE OSAKA!!! なお好み焼き屋へ

DSCF6956.jpg

「この子、江戸っ子なんです。こういうお好み、初めてなんです」

おっちゃんの
オオサカ!
サービス!!
エンターテインメント!!!
スピリット!!!!
着火!!!!!

「いくでー、ちゃんと撮りやー」

DSCF6960.jpg

DSCF6963.jpg

DSCF6965.jpg

1枚 500円
でりしゃすイカ玉
できあがり☆☆☆

「ブログで世界発信してやー」

ちゃんと載せたでー
'きたむら'さん!

DSCF6967.jpg



【4月19日】
- Weather : cloudy
- Venue : 東京 新宿
- Named : Busking
- Live Start : 20:00

DSCF6971.jpg

DSCF6972.jpg

DSCF6970.jpg

どんな街より ヒトがたくさんいる場所で
ほんのひととき ヂョウモントランスを響かせる

DSCF6977.jpg

DSCF6983.jpg

DSCF6991.jpg

DSCF6993.jpg

そんな隙間のような時間に 交差してくれるラビラブピーポーがいる
口を揃えて「いつもは通らないのに、魅き寄せられるように…ww」

DSCF6996.jpg

DSCF7002.jpg

シンクロが産み出す 
シアワセとヨロコビ
Buskingのダイゴ魅 ☆v☆

DSCF7004.jpg


    


    




【4月20日/穀雨】

『お便り待っていました。ありがとう。
 北山さん大丈夫だね。よかった。
 
 ラビラビも一日一日が、一万年を背負った大いなる旅ですね。
 あるがままの自然、命を辿り、光りを目指して生き抜いてください。

 大重 潤一郎』

DSCF6762.jpg




新月から
上弦へ




| comments(2) | trackbacks(0) | 16:18 | category: 日々ラビ |
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links