なわふみ日記

- nawaはサンスクリット語で ’ あたらしい ’  
- fumiはアイヌ語で ' おと '   ラビラビの音旅 ' 縄文 ' 綴りです
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ほんと意味での「トランス」 | main | Fantastic HOOPLA >>
# 生き抜こう(311に寄せて)


まず 被災地の寒さが1日でも早く和らぎ
亡くなられた方も 今精一杯生きておられる方も
すべてがあたたかさに包まれますよう



3月11日 午後
冬の北海道ツアーを終え苫小牧から乗ったフェリーは、13時30分 青森八戸港に着きました。
下船して港を出たのが14時前。八戸市街の友達のおいしいお蕎麦屋さんに立ち寄り、和やかに
話していたときに それは起こりました。直後の津波が、ほんのさっきまでいた港のすべてを
押し流している映像。 死んでいた と震え上がりサバイバルがはじまりました。

あの瞬間から今日まで あらゆる場面でラビラビを支えてくださった方々に
この場をお借りして 心から感謝を申しあげます 
ほ ん と う に あ り が と う ご ざ い ま し た



本州に戻り、今日までに行なうはずだった3本のライブ
3/12 岩手 久慈市 cafe Believe
3/13 宮城 仙台市 PANGAEA
3/16 静岡 島田市 cafe Charleston
2本は被災が激しく、1本は自分たちの心労と疲労のために中止せざるえませんでした。
大変、申し訳ありません。この3カ所は、かならず再び訪れます。



あれから7日間が過ぎました。
3人でチカラを合わせ、これからも全っっ力で音旅を続けます。
あたらしいアルバム「Wonderful World」を全国に届けに行きます。
リリースプロジェクトにご協力くださった方々、お店の中には
被災された方もいらっしゃるはずです。
その方ひとりひとりに、なんとしても届けます。



生きよう!

生き抜こう!

そして笑顔で再会しよう

生まれ変わろうとしている この列島のどこかで



3月19日 満月前夜
ラビラビ
あずみ Nana Piko







| comments(1) | trackbacks(0) | 05:26 | category: 日々ラビ |
コメント
いよいと始まりましたね。艮金神の東北から岩戸がひらかれて、世界に向けての雛形をみせる時代になったということですね。

東北ウレシパモシリツアーやりましょうね!

まっています。
| UPOPOのふっちやん | 2011/04/03 9:51 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nawafumi.jugem.jp/trackback/94
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links