なわふみ日記

- nawaはサンスクリット語で ’ あたらしい ’  
- fumiはアイヌ語で ' おと '   ラビラビの音旅 ' 縄文 ' 綴りです
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< うた さずかる | main | 息がピッタリ >>
# いいきざしのために
-Text : あずみ
-Date : '10.5.24 thu
-Weather : はれ ときどき あめ
-Place : 青森 六ヶ所村 花とハーブの里
-Named : 
-Live Start : 


◎GO NORTH TOUR 12日目◎今から北海道へ渡ります。苫米地ヤス子さんのお宅をさっき出ま
した。今朝は4時に起きて田んぼの草取りに同行しました。腰を折り田んぼで顔を洗うように草
を抜く姿と7/18のためのメッセージもいただきました。田んぼで想いを語る苫米地さんを見てほ
しい。2010.6.9/08:22:41 Twitterより





昨年から我が家のお米は、苫米地さんの「天手子米」とみやもと山の「合鴨米」
無農薬 無化学肥料 完全有機米

ほおばると笑顔になるこのお米には、
成分表示などできないかけがえのない情報がギュウギュウ詰まっている

「田んぼは、水、土、空気を創っている」と苫米地さんは言う
はだしで入れる、絶滅危惧種の糸トンボが群生する、田んぼ。そこで穫れる天手子米

・苫米地ヤス子の天手子米 : http://www.tentekomai.sakura.ne.jp/
・愛情いっぱい!苫米地ヤス子の天手子米日記 : http://ameblo.jp/tenteko-blog/





昨年、十和田でのライブに突然現れてくださった苫米地さんとはそれ以来交流が続いている

映画「六ヶ所村ラプソディ」の反響の波が落ち着いた今からが
心と耳を傾けて
見守って
つながって
続いていく時期なんだと思っている

やさしい笑顔、あかるい声、ほっとする青森弁
ゆかいなお母さん
でも、とてもリベラル





「十和田へ、田んぼへぜひたくさん遊びに来てください
 見に来られるだけでもかまいません
 天手子米の田んぼの行方を、地元の人々はちゃんと見ています
 需要があるのだと分かれば、有機的な農法に切り換えていくヒトが増えるでしょう
 いいきざしはあります
 どうぞ、いらしてください
 そして、お手伝いしていただけたら、とてもうれしいです」





7月、東京 新宿で六ヶ所村をテーマにした会を開きました
そのとき苫米地さんはサイコウのお米とたくさんのお野菜と会へのお手紙を送ってくださり、
イベントを応援してくれました

あのとき訪れて青々としていた苗は10月の今、金の稲穂に姿を変えました
10月16日、約束した収穫を祝う会に参加します

穫れたて新米のおにぎりと
苫米地さんの笑顔が
待っています







Share |
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:29 | category: 音旅 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nawafumi.jugem.jp/trackback/58
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links