なわふみ日記

- nawaはサンスクリット語で ’ あたらしい ’  
- fumiはアイヌ語で ' おと '   ラビラビの音旅 ' 縄文 ' 綴りです
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 私はここに住みたい | main | うた さずかる >>
# 至高の天空絵
-Text : Piko
-Date : '10.6.26 sat
-Weather : 晴れ 
-Place : @青森 弘前市 岩木山麓しらとり農園
-Named : 「岩木山縄文祭り」  
-Live Start : 12:30


夏の旅も順調に北上するラビラビです。

今年はじめての大好きな青森にやってまいりました。
翌日、岩木山麓しらとり農園でおこなわれる「岩木山縄文祭り」の前に、アルバム「ベイビィ・ブーム」の一曲目
を録音した天然エフェクター付き山ノ神野外スタジオ「燈明杉」にお礼参りしてきました。NANAは弁天池で水と
戯れだし(やっぱり前世が蘇るみたいポニョ)、あずみは杉さんとお話しするみたいに声を出し、森全体にやさし
くしずかに広がっていく唄を、またもやばっちりフィールドレコーディングできました。
燈明杉さんありがとうございました。













この日は朝からずっと不思議な空模様、円盤みたいな雲がいつまでも空を漂い、レインボー色の夕焼けにほぼ満月
(翌日が満月)が気配を消すかのように雲と一体になり、残念ながら写真に撮れなかったのですが、巨大な鷲の形
の雲の目の位置に月がみごとに収まった時は、芸術家地球さんのすごさに脱帽!したしだいです。
すべてがやさしく平和な一日でした。



















翌日、ダブルヘッターの一本目は、自然農法で自給自足をされている白取ファミリーとアースデイ六ヶ所でお世話
になった沢居恵美さんが中心になり、縄文土器がごろごろ出てくる白取さんの畑の中で開催されました。

のんびりとみんなで持ち寄った食べ物を並べ、ゆっくりまつりは始まっていきました。 が ! し か し 
ラビラビは音開きをさせていただき、次のイベントへすぐに出発することに(後ろ髪ひかれまくり)。

今度はゆっくり縄文土器の発掘がしたいなぁ〜



















そしてそして、
-Date : '10.6.26 sat
-Weather : 晴れ 時々くもり
-Place : @青森 三沢市 小川原湖畔特設会場
-Named : 「野外平和音楽祭 ヌートピアハポネス」  
-感・音・即興ワークショップ「ラビラビと遊ぼう」 : Start 15:00 
-Live Start : 23:00


青森 三沢基地近くにある看板すらないお店?秘密平和基地?『梵梵寺』で、愛と平和を楽しく実践する3人組
フトシくん、カズちゃん、ウラくん。

野外でラビラビを聞きたい、と言っていた3人が開催してくれた「野外平和音楽祭 ヌートピアハポネス」が本日
2本目のライブでした。





小川原湖畔のプラベートビーチにはたくさんのテントが並び、焚き火やバーベキューをしたり、キャンドルヒロ
くんの灯火に包まれながら音楽に合わせて踊ったり、まったりお酒を飲みながら話し込むお客さん。
三沢基地関係の外国の方から、子供たちまで、みんなとってもリラックスして楽しんでいました。




ラビラビが演奏する時間23:00は満月のピーク時、
しかもその前の20:00には上弦が欠ける部分月食になります。

昨日からの地球さんが 天 空 キ ャ ン パ ス で 創 作 す る 絵 は ク ラ イ マ ッ ク ス に !

岩木山の縄文パワーをいただき、岩木山神社にお参りし身を引き締め、
至高の天空絵に包まれた中で発した音たちは、みんなの全身にどう響いたのかな。

演奏は、いつものように全力でその場を楽しく平和に祭ることに集中出来たと思います。
(わたくしはいつも以上に頭の中が梵梵しておもわず吠えてしまいました!)








この祭りはフトシくん、カズちゃん、ウラくんのとってもすてきな思いが込められていました。

お客さんは純粋に楽しみ、なおかつピースにつながるように、会場にはチベット仏教の魔除けと祈りの旗「ルンタ」
がなびき、イベント収益金を世界平和のために寄付したのです。

 ☆TCP : http://tcp-np.com/
 ( チベットからヒマラヤ越えて亡命してきた子供達が通うネパールのチベット難民支援施設
  チベタン・チルドレンズ・プロジェクト )

 ☆ルワンダの学校を支援する会 : http://osuke.jimdo.com/
 ( ジェノサイドの後、コンゴの学校へ通う子供達の教育をサポート)

 ☆日本水難救済会 : http://www.mrj.or.jp/

 ☆WWF : http://www.wwf.or.jp/
 ( WWFは約100カ国で活動している環境保全団体)

  和英名言手帳を買ってウガンダに武道館を建設し、子供達に日本人の武士道を伝える。
  手帳は10月中旬頃届き、梵梵寺(ヌートピア大使館)で読むことができます。
 
 ☆ラリグラスジャパン : http://www.laligurans.org/ 
 (ネパールとインドの少女売買春・人身売買の廃絶 
  NGO[マイティ・ネパール」の活動支援に携わってきた長谷川まりこさんの本を梵梵寺でご覧下さい。) 

 ☆世界の子供にワクチンを : http://www.jcv-jp.org/ 

 ☆大間ミーティング〜あさこはうす〜 : http://peaceland.jp/PeaceFiles/news2.html#Anchor-29665 

 ☆ユネスコ世界遺産活動 : http://www.unesco.jp/contents/isan/  






そして彫亀が描くジョンレノンからはこんな声が聞こえてくるようでした。

 We announce the birth of a conceptual country, NUTOPIA. 
 (わたしたちはここに、概念上の国家、ヌートピアの誕生を宣言します。) 

 Citizenship of the country can beobtained by declaration of your awarenessof NUTOPIA. 
 (この国の市民権は、ヌートピアの存在を認めることによって得られます。) 

 NUTOPIA has no land, no boundaries,no passports, only people. 
 (ヌートピアは土地も、国境も、パスポートもない、人民だけの国家です。) 

 NUTOPIA has no laws other than cosmic. 
 (ヌートピアには宇宙の法則以外、法は存在しません。) 

 All people of NUTOPIA are ambassadors of the country. 
 (ヌートピアの人民はすべて、この国の大使です。) 

 As two ambassadors of NUTOPIA, we ask for diplomatic immunity and
 recognition in the United Nations of our country and it's people. 
 (ヌートピアの大使として、わたしたち2人は国連におけるこの国と人民の外交特権、ならびに承認を求めます。) 

 YOKO ONO LENNON 
 (ヨーコ・オノ・レノン ) 

 JOHN ONO LENNON 
 (ジョン・オノ・レノン) 

 April 1, 1973 
 (1973年4月1日)


大好きなお酒を飲まず最後まで全力でがんばってくれたフトシくん、カズちゃん、ウラくん(ボンどろKING)や
スタッフのみなさん、ほんとうにありがとう!! 感謝!!!


ピ ー ス ! ピ ー ス ! ピ ー ス ! 




かしこ







- - - - - - -
Share |





| comments(0) | trackbacks(0) | 18:50 | category: 音旅 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nawafumi.jugem.jp/trackback/56
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links