なわふみ日記

- nawaはサンスクリット語で ’ あたらしい ’  
- fumiはアイヌ語で ' おと '   ラビラビの音旅 ' 縄文 ' 綴りです
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2012.4-5 ◑ 29.30.1.2.3.4.5 | main | 1256 Supermoon & 12512 'INUZARU' PHOTO DIARY >>
# 2012.5 ◯ 6.7.8.9.10.11.12

潤弥生 満月から
下弦へ
なわふみ日記


【5月6日/満月 -Super Moon】
- Weather : 晴天
- Venue : 高知 幡多郡 海のバザール
- Named : ハルワタル音旅 #6:海のバザール リニューアルオープン こけらおとし
- Live Start : 19:30

inner memo :
列島の神鳴りを
響かせる

DSCF7359.jpg

Super Moon
太平洋からいづる
今年いちばん大きな
今年いちばん明るい
満月

そんな日だから
宙はエネルギーがあふれかえって
稲妻がじゃんじゃん列島を突き刺す
そのたびに身体がバキバキとチューニングされる
雨が激しくなる

でもぜんぜん不安じゃなかった
これは初めての場所に行くための
四国という神島へ行くための
オキヨメだ

龍神さまの胴だとはっきり分かるほどの
ぶあつい雲は頭上を走り抜け
案の定 瀬戸大橋を渡り切る頃には
完全な夏空になった

オキヨメ 完了
カミシマ 入島

DSCF7364.jpg

会場のカフェは かつて '地球屋' というパーティをオーガナイズし
千葉 いすみ市で '中滝アートヴィレッジ' をつくりあげた
Yojiさんがリノベーションを手がけた
311のあと 家族とともに地元高知にたどり着き
そこに暮らす若者と また新しいコミュニティを創り出そうとしている
今はいすみと行ったり来たりしているそうだ

- 中滝アートヴィレッジ
 http://www.nakadaki-art-village.com/

DSCF7383.jpg

DSCF7384.jpg

DSCF7394.jpg

DSCF7401.jpg

DSCF7399.jpg

DSCF7386.jpg

昇ってきた月は
思わず浜にひれ伏してしまうほどだった
クンネ チュプ
夜の太陽

DSCF7407.jpg

DSCF7412.jpg

その赤い目玉が
海に道を描きだす頃
演奏がはじまった

2007年 熊本 阿蘇の山際から昇る月とともに鳴らした 初めての 'にじのみさきまつり'
2011年 宮城 石巻のガレキの山の中で 見える/見えないすべてのいのちを祭った夜

5月の満月は
伝説に満ちている

DSCF7423.jpg

DSCF7425.jpg



【5月7日】
inner memo :
New Day
New Sun

DSCF7428.jpg

バイロンベイにいるのかと間違うほどの
美しい海辺の宿で目を覚ます
今日は 足摺岬のある半島へ

DSCF7441.jpg

DSCF7445.jpg

DSCF7448.jpg

大岐(おおき)の浜
臼碆(うすばえ)の灯台 
竜宮神社
白山(はくさん)洞門
唐人駄馬(とうじんだば)のストーンサークルと巨石群

DSCF7470.jpg

DSCF7474.jpg

DSCF7481.jpg

DSCF7484.jpg


    


アボリジニの人々が '龍の頭' と呼んだバイロンベイ
足摺の半島もそんな場所だった
多くの御嶽があり 女性の神聖さをリスペクトする沖縄の匂い
南からの流れを 濃密に感じた
石を使う部族の存在や 海人族の存在も

DSCF7495.jpg

DSCF7501.jpg

DSCF7512.jpg

DSCF7527.jpg

DSCF7532.jpg



【5月9日】
- Weather : ハレ と オキヨメ
- Venue : 広島 広島市 Koba
- Named : ハルワタル音旅 #7:GW Special☆Busking Style!
- Live Start : 20:00 / 21:30

inner memo :
語らずして
それができるようになるための
道がはじまる

DSCF7534.jpg

朝9時 高知を出る
すばらしい3日間だった
さぁ ハルワタルオトタビ 最終週

本州へ

広島に入る
四国へ渡ったときと同じように
ひとときヒカリのアメが降る
いつものオキヨメ

街に近づくほどに感じた
ここには大きな龍が ぐるりとなっているんだな
それとも鯉か?
それともオジーか??

DSCF7538.jpg

Kobaは毎年訪れている
最初は2008年8月6日
ヒロシマ平和の日にひらかれた
Peace Eventに呼んでいただいたのが きっかけだった

その日のライブは 自分たちでもそうだと思うほど
伝説的にHotで Happyで Peacefulな夜だった
演奏と日記は 翌年リリースされた「ライジング ポイント」に収録され
今でも語り草になっている

DSCF7541.jpg

オーナーのBOMクンは
ラビラビがこの7年間 数百の会場で知り合った人々のなかでも
3本の指に入るほどオモシロイひと
おまけに すごーーーく いいひと
だから 毎年来ちゃう
そんな HR/METAL Bar!!!!!!!

DSCF7537.jpg

DSCF7543.jpg

DSCF7548.jpg

DSCF7552.jpg

DSCF7557.jpg



【5月11日】
- Weather : くもり
- Venue : 京都 京都市 京都大学西部講堂
- Named : ハルワタル音旅 #8:オキュパイ西部講堂
- Live Start : 13:20

DSCF7563.jpg

伏 ろ わ ぬ 民 た ち の
音 楽 に 伏 ろ う 祭 り
オ キ ュ パ イ
西 部 講 堂

DSCF7562.jpg

DSCF7571.jpg

魑  魅  魍  魎

この言葉にしっくりきて
それが心地よくて
ただ 音楽に集中した

ここで繰り広げられた
数々の伝説のライブの
揺れ残る原子に
溶けたい

私たちの音楽も
響いてて
微かでも

ち み も う り ょ う

DSCF7574.jpg

DSCF7576.jpg

DSCF7587.jpg

追記:
ハッパ丸と入れ替わりに長野でもらった(!!) HONDA 'STREET'くん。長野→岡山→高知→大阪と旅して友達の整備士さんに診てもらった。これからずっと乗り続けるつもりで、高知で大掃除しピカピカに洗車したのだ…にもかかわらず彼の言葉は「この車を乗り続けるのは危険すぎます。とうていこのまま車検は通らないしオススメできない」1,000kmの旅は、STREETくん最後の大冒険になってしまいました。とても残念だった。この1週間ブルンブルンわたしたちを運んでくれて、もう仲良しだったから。ありがとうね!!! 最後にピカピカにできてつくづくよかった!!! 
1週間で2台の廃車。ラビラビ号の行方やいかに???(つづく!?)

DSCF7598.jpg



【5月12日】
- Weather : ハレワタル ☀
- Venue : 愛知 犬山市 日本モンキーセンター
- Named : ハルワタル音旅 #9:イヌザル
- Live Start : 16:20

DSCF7601.jpg

DSCF7603.jpg

'若 い 太 陽' が 生 命(せいめい)の シ ン ボ ル な ら
私 た ち の 真 ん 中 に も 若 い 太 陽 が あ る

DSCF7615.jpg

DSCF7623.jpg

イ ヌ ザ ル
太 陽 の 恵 み 受 け
芸 術 に 伏 ろ う

DSCF7612.jpg

DSCF7632.jpg

イ ヌ ザ ル
明 日 の 神 話 を
創 造 し よ う

DSCF7653.jpg

DSCF7659.jpg

DSCF7661.jpg

DSCF7637.jpg




下弦から
新月へ



| comments(0) | trackbacks(0) | 12:35 | category: 日々ラビ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nawafumi.jugem.jp/trackback/147
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links