なわふみ日記

- nawaはサンスクリット語で ’ あたらしい ’  
- fumiはアイヌ語で ' おと '   ラビラビの音旅 ' 縄文 ' 綴りです
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2012.3 ◐ 15.16.17.18.19.20.21 | main | 2012.3-4 ◑ 31.1.2.3.4.5.6 >>
# 2012.3 ◉ 22.23.24.25.26.27.28.29.30

弥生 新月から
上弦へ
なわふみ日記



【3月22日/新月】
inner memo :
'その瞬間' に
オンガクのカミサマの前に立てているか

DSCF6341.jpg

巨石群での演奏の翌日は
Achicoさんのところに
その翌日は かむあそうトライブス の
サトシくんのところに泊めてもらった

それぞれのバランスのなかで
'しあわせに暮らす' を実践している家族だった
わたしたちにとって かけがえのないトモダチ

DSCF6342.jpg



【3月23日】
- Weather : 雨
- Venue : 岐阜 八百津町 山なんや
- Named : カミノイノチビラキ
- Live Start : 20:30

DSCF6349.jpg

inner memo :
想像し 感応するところから入る
水の器を整えていく
'その時' には
想像と感応に 揺さぶられた
本能と感覚が SPARKする

DSCF6362.jpg

この日は少し早めに なんや に入る
かむあそうトライブスのメンバーでもあり なんやの店長でもあり 
音響エンジニアでもあるトミオくんと 自分たちの機材や音響システムについて
疑問を解消したり あれこれと試してみたり

いい音を響かせたい
いい音で響かせたい
日増しに強くなる思い
実践していくしかない

たくさんの発見
ありがとうトミオくん

DSCF6354.jpg

DSCF6364.jpg

DSCF6367.jpg

今夜は ふたり目を宿した火女神Achicoさんの'臨月舞の旅'
蛇行する川の 中州に建つなんや
降り注ぐ雨に 煙る山々
イノチの火が灯るにはピッタリだと感じていた
火 ca
水 mi

Achicoさんの自宅出産についてのトークとともに イノチビラキの夜がはじまる
休憩をはさんで セレモニーがはじまる
セージを焚いて場を清めながら舞うAchicoさんの衣装は 白だった
そのまま演奏がはじまる
この日は「産まれる」をテーマに選曲した

DSCF6373.jpg

今回のおマツリをヒラくことになったときから
『お腹の赤ちゃんの心臓の鼓動音をひろう、なにかいい手はあるかしら?
 その鼓動のリズムに乗って踊ったり歌ったりセッションしたいな』との
リクエストをAchicoさんからいただいていていた

試行錯誤し 最終的に'アースデイ七宗'でお世話になった、
カブチ山田クリニックの山田先生に直接相談にうかがうことにした
そうしてお借りした血流音を拾うマイク

DSCF6374.jpg

リハーサルで試してみる
一発でジャストミートし
会場に赤ちゃんの心音が響き渡る
感動して 胸がいっぱいになって
わすれられない音が またひとつ

でも そのあとは何度試しても
聞くことはできなかった
本番も どうなるかは分からなかった

DSCF6377.jpg

DSCF6383.jpg

ハイライトがやってきた
ラビラビのセッティングの真ん中に Achicoさんが蓮華座になる
赤ちゃんに話しかけながら 注意深くマイクを当てる
なかなか心音は聞かせてもらえなかった
すこしづつ演奏をはじめる
赤ちゃんの動きが急に大きくなる
まさしく「宇宙の胎動」の音
ウネリがおおきくなる
Achicoさんのおなかの血流音も加わる
それはまさにOrganic Groove
そして最後の最後に
心音が聞こえた

わたしたちは
ほんとうに神聖なきもちで
オルガグルウを奏で
炎が舞った

DSCF6386.jpg

  
    

    ラビラビ×心音 1:11:50あたりで聴けます



【3月24日】
- Weather : 晴れ
- Venue : 和歌山 和歌山市 じゃんじゃん横丁 天空ドラマチックシアター
- Named : 
- Live Start : 20:11

DSCF6399.jpg

inner memo :
悲しい連鎖や
拘束の投影は
自分の代で終わらせる
イイものさしに変えていく
平気なんだよと笑って言える説得力は 大きい

DSCF6412.jpg

春分つ音旅
響かせる4Days
この日は2日目

響 に取り憑かれて
挑戦をくりかえす日々がはじまった
これまで10分で終わったサウンドチェックに2時間かかる
そして当然のようにアクシデントもやってくる

今 何があるか分からない
はいはい

DSCF6413.jpg

本番へチューニング
闇に向かって怒声でチャランケしたら
アクシデントの「元」が分かった

そういうことか

すべてをリスペクトし
自分は 存在を脅かすような者では決してないことを大声で宣言する
今から自分は オンガクのカミサマのために存在するだけなのだと言い放つ

DSCF6415.jpg

チューニングがバチーーーーーーーーッ!!!!!!とハマった
2時間のリハがウソのようにサイコウの演奏だった

DSCF6417.jpg

DSCF6420.jpg

DSCF6421.jpg



【3月25日】
- Weather : 晴れ
- Venue : 大阪 天王寺 bar DIME
- Named : 
- Live Start : 20:30 / 22:00

DSCF6441.jpg

オオサカで うまれた オンナ でよかったーーーーーーー

DSCF6433.jpg

DSCF6434.jpg

1セット目が終わったとき 
こう言われた

「血 液 が 追 い つ か へ ん 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 ! ! ! ! ! ! !」

DSCF6436.jpg

DSCF6437.jpg

2セット目が終わったとき
こう言われた

「じ ぶ ん 〜 、天 空 の U F O キ ャ ッ チ ャ ー や な 〜 〜 〜 ☆ ☆ ☆
 ど こ ま で も 引 っ ぱ り ア ゲ ル ア ゲ ル 〜 〜 〜 〜 〜 ! ! ! ! ! ! !」

DSCF6438.jpg

DSCF6439.jpg

コミュニケーション能力 
宇宙イチ☆

オオサカン'スピリットは
ワタシの誇り

DSCF6440.jpg



【3月26日】
- Weather : 晴れ
- Venue : 静岡 浜松市 PAYAKA
- Named : 
- Live Start : 19:30

DSCF6444.jpg

浜松のPAYAKAはひさしぶり
リニューアルしてて
1階にはステージが完成してた
2階のショップは
商品の波動が高くて
いるだけで気持ちよくなった

DSCF6445.jpg

品物そのものは
1階から移してきただけという
ただ これまで ぎゅぅっ と並べていたのを
広くなった分 贅沢にならべてあるのだと言っていた

DSCF6451.jpg

モノには ひとつひとつ波動があって
それに見合うレイアウトを取ったとき
ほんとうの'モノヂカラ'が発揮されるのかもしれない

DSCF6463.jpg

ニホンジンは もともと'モノヂカラ'が見えていて
花器や茶器、庭などに代表される美しい空間創りができるのかもしれないねと
Pikoとはなしていた

DSCF6460.jpg

この日は Achicoさんとの
イノチビラキ最終日

DSCF6477.jpg

みんなで輪になり
それぞれの心音を感じながら
赤ちゃんへ唄った

DSCF6481.jpg

『何十回目かの この世界に生まれでる
 タマシイの波が伝わってくる

 こちらとあちらをつなぐ海で
 イノチビラキの輪を見ている アタラシイヒトよ

 心音を合わせて
 時空を超えて

 心音を合わせて
 数万年の先へ
 数万年の過去へ

 それはあのときの はじまりの音
 はじまりのエネルギー
 そのチカラの名前は
 愛』

DSCF6482.jpg

ACHICOさんの予定日は
420です




上弦から
満月へ






| comments(0) | trackbacks(0) | 04:41 | category: 日々ラビ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nawafumi.jugem.jp/trackback/141
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links