なわふみ日記

- nawaはサンスクリット語で ’ あたらしい ’  
- fumiはアイヌ語で ' おと '   ラビラビの音旅 ' 縄文 ' 綴りです
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2012 ◑ 1/31.2/1.2.3.4.5.6.7 | main | 2012.2 ◐ 15.16.17.18.19.20.21 >>
# 2012.2 ◯ 8.9.10.11.12.13.14

睦月 満月から
下弦へ
なわふみ日記


【2月8日/満月】

inner memo :
『私は ここにいるから』

音楽に まみれて まみれて
精進できる場にいればいいんだ
そしてときどき
こうして 'ここにいるヒト' に
ゆっくり会えたらいい

DSCF5106.jpg

6am
イキモノの立てる声が 森の広さを実感させる 
たまらなくなって外へ出る

Mt.Wollonbin 薔薇のようなカルデラの中心
満月の日の オーストラリア大陸のいちばん最初の朝陽に照らされ 
Luminous Redの波がBreakしそう 
The First Sun Mountain 

DSCF5112.jpg

DSCF5108.jpg

DSCF5114.jpg

11:30am
登山口に向かう山道に入る
両界の川で ナナが水浴びをしたいと言う 橋の反対側にはHappy Hippy Ka-Mi-Sa-Ma☆

DSCF5139.jpg

「山に登るのか?」
「わたしは女です 男の山なので登れません」
「君たちにはSa-mu-ra-i Spiritがあるから大丈夫! HA-HA-HA!!!!!!!」

DSCF5135.jpg

DSCF5142.jpg

トレイルの入り口に立つといくつかの看板がある
・National Parkの案内板
・地図
最後の小さな看板には こう書かれている
「この山は アボリジニ/バンジャラン族にとって大切な聖山です
 かつては選ばれた人しか入れず
 山ではイニシエーションや精神のためのレッスンが行われていました
 ’Mt.Wollonbinを登山する'ことは
 バンジャラン族のエルダーの意向に背くことを意味します
 登山者のみなさん、山に登る前に今一度考えてください
 そこには彼らと山へのリスペクトがあるのかどうかを」

看板の横の巨石に 手を当てさせてもらった
間違いなく 歓迎されていた 
登ってもいいと

だけどわたしたちは 
歓迎に丁寧に感謝し
入り口で手を合わせ
山を下りた

このほしには
登らなくてもいい山が
たくさんある
富士山のように

DSCF5146.jpg

13:00pm
Ukiの小さなカフェで休憩して Mt.Wollonbinを周回するルートに入った
白神やヤンバルを思い出すような深くてまぶしい森を抜ける

橋を超えて流れる川で急流滑り ワラビー 巨大なトカゲ
道案内のように時折サラサラと降る光雨 無数の鳥たち 天然のアドベンチャーランド

DSCF5148.jpg

DSCF5155.jpg

周回が終わる頃
雨が強くなった
ご挨拶が終わったのだ

DSCF5159.jpg

オトコの山を
まぁるく納めた
満月のいちにち

DSCF5169.jpg

DSCF5172.jpg

DSCF5179.jpg



【2月9日】
- Weather : 晴れ
- Venue : Melbourne/AU @FAD Gallery
- Named : 
- Live Start : 22:30

inner memo :
地球を磨く人

DSCF5188.jpg

Mt.Wollonbinで泊まった宿の名前は'Shambala'
このあと行くThaiでのおマツリの名前と同じ

DSCF5191.jpg

庭の池の向こうの木が 宿のSherryのことを大好きで
「ずっと見て笑ってるよ」と伝えた
そんな話から 帰り際 こんな話を聞いた

Mt.Wollonbinと 庭先の樹齢250年の聖樹はRay Lineになっていて
その先の森は アボリジニの女性のsiteだったのだという
そこでMeetingやInitiationが行われていたそうだ

オトコの山を望む
オンナの場にいたんだね

DSCF5204.jpg

山を下りロードトリップをJet☆に乗り換えて Melbourne入りする
おおきな おおきな街 この日から4日間で6本のgigをする

DSCF5199.jpg

またsound questがはじまる
はやく 山から大都市へ
自分をシフトさせなくては

DSCF5214.jpg

DSCF5215.jpg

DSCF5217.jpg



【2月10日】
- Weather : はれ ときどき くもり
- Venue : Melbourne/AU @horse bazar & Cynagy Gallery
- Named : 
- Live Start : 19:00 / 22:00

inner memo :
愛しているよ ニッポン
泣きながらでも
自分たちの音楽をやろう
ていねいに ていねいに ていねいに

DSCF5233.jpg

DSCF5237.jpg

男性性にあふれた'都市'で
ちいさな列島に育まれた女性性が どこで底力を見せるか

DSCF5269.jpg

DSCF5272.jpg

この夜2本目は 
メルボルンのコーディネートを意欲300%で担ってくれてるチャックンの友達のギャラリー

DSCF5275.jpg

DSCF5280.jpg

DSCF5281.jpg

前日のBarではNaked Beautyな写真のエキシビジョン 
この日はメルボルン在住の日本の方のドローイング またしてもNaked Beauty

DSCF5261.jpg

DSCF5256.jpg

はだかんぼうの祈りは
大都市で目まぐるしく生き抜く人々に 
笑顔と'yoi yoi yoi yoi!'をプレゼントしたよ!

DSCF5283.jpg

DSCF5285.jpg

DSCF5286.jpg

DSCF5292.jpg



【2月11日】
- Weather : はれ ときどき ひかりあめ
- Venue : Melbourne/AU @REVOLT
- Named : 
- Live Start : 22:30

DSCF5301.jpg

DSCF5304.jpg

DSCF5329.jpg

DSCF5338.jpg

inner memo :
Dragon & Rainbow
for Beautiful New Life

発信

DSCF5317.jpg

DSCF5315.jpg

DSCF5346.jpg

DSCF5351.jpg

DSCF5358.jpg

DSCF5360.jpg



【2月12日】
- Weather : はれ ときどき ひかりあめ
- Venue : Melbourne/AU @the beach at Point Ormond in Elwood
- Named : FOR THE LOVE ~Beach Party
- Live Start : 16:30

inner memo :
今 わたしたちは
とてつもなく削ぎ落とされて
いるのかもしれない

DSCF5363.jpg

DSCF5372.jpg

DSCF5374.jpg

DSCF5378.jpg

DSCF5393.jpg

DSCF5395.jpg

DSCF5398.jpg

DSCF5402.jpg



【2月13日】

DSCF5407.jpg

メルボルンからゴールドコースト/バイロンベイへ
帰路の空港でWhitney Houstonが亡くなったことを知る

新聞の1面を飾る写真を見ていると 
とても とても とても 悲しくなった
見出しにはこう書かれていた 

'We will always love you'

大好きだったんだ

だいすき

だったんだ

DSCF5411.jpg

DSCF5412.jpg




下弦から
新月へ



| comments(0) | trackbacks(0) | 02:04 | category: 日々ラビ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nawafumi.jugem.jp/trackback/133
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links