なわふみ日記

- nawaはサンスクリット語で ’ あたらしい ’  
- fumiはアイヌ語で ' おと '   ラビラビの音旅 ' 縄文 ' 綴りです
<< September 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2012.1 ◯ 9.10.11.12.13.14.15 | main | 2012.1 ◉ 23.24.25.26.27.28.29.30 >>
# 2012.1 ◐ 16.17.18.19.20.21.22

師走 下弦から
新月へ
なわふみ日記


【1月16日/下弦】


inner memo :
今年のテーマは
'無謀MAX!!!!!!'だから
ムボウに対して
誠実でいよう



【1月17日】
-Weather : はれ
-Place : 東京 八王子市 東急squre前
-Named : 
-Live Start : 15:15

八王子市長選に奔走する'ケンジュウの会' 坂田 ボンバイエ 昌子さんから急遽の依頼
高尾山を守ることを約束してくれた立候補者の応援 マサコを応援したくて参上






【1月18日】
あずみ 生まれて15704日目
たまにはガゥヂャス☆にステーキ屋さん ラビラビ お肉食べるんです



inner memo :
本当の力となる'続けられるペース'を
探すことが大事だ
しかも あらゆる変化にも対応できるもの



【1月20日/大寒】
夜までは日本にいた 寒さ極まる大寒に南へ飛び立った
宙で夜明けがきて 赤道を超えた




inner memo :
ストーリーは もうじゅうぶんにある
音で語ればいい 石のように
音で祈ればいい 川のように
音楽の世界へ

Spiritと知恵を持って生き抜け
それそのものが美しい
何かを持って行こうとするな



【1月21日】
-Weather : はれ
-Place : Byron Bay Marcket Square おおきな白い木の下
-Named : Busking!!!!!!!
-Live Start : 20:00

大寒 初雪のトウキョウ 
9時間後にはサマータイムのゴールドコースト 
生態系を守るため入国の税関は世界一厳しいと言われるオーストラリア 
動植物,皮,木製品は特に もちろん楽器も ドキドキで通過! 
南半球 光の夏





バイロンベイには信号がない それがこの町のルール 
信号やセンターラインは人間力を下げる 各国を旅して分かった 
ここはオーストラリア大陸の東端 灯台のある岬はそのいちばん東 
'龍の頭'と呼ばれる町 北には'アンドリュー岩'と呼ばれるどう見ても神岩 
この大陸の 日イヅルポイント




バイロンでのすべての手配をツトムさんと娘のエルちゃんが整えてくれた 
神奈川 藤野'ひかりまつり'でのご縁が7年後 海外へ伸びていくとは あのとき思いもしなかった
到着直後のまだ何も知らないままバスキングしてみたい 
そんな願いに町をくまなく案内してくれる





オススメのポイント,時間,スムーズに演奏できるコツ 
あらゆることを教えてくれた 町中のひとが友達 
'初めての土地にはちゃんと場所にあいさつを' 日本からやってきたラビラビの鉄則 
今日は舗道の上じゃなくて土の上で 大きな白い木の下で 
カムイピリカ チコプンキネ イエカル カンナー



ラビラビさんですよね? すれ違う日本人に何度も声をかけられた 
エルちゃんが翌日のギグの宣伝をしてくれていたおかげ
17歳でオーガナイズまでやってのけるピカピカな天使 
バスキングがはじまる夕暮れにはそんな日本人が集まってくれた さぁ、鳴らそう



  


  


'ひかりまつり'が初野外ライブだった あれから数百本の場を鳴らし 
2012'無謀MAX!!!'をテーマに大きな環の2周目に入った
1本目はまたしてもそのご縁からはじまった 
この旅が 次の大きな環が '光'と'祭'にあふれることを願っている 
なわふみの根っこは日本のみんなの笑顔とともに この星じゅうに伸びていく




【1月22日】
-Weather : はれ ときどき スコール
-Place : AU/Byron Bay Hervest Cafe 
-Named : Sunday Aftrenoon Session
-Live Start : 16:30


大晦日の朝5:30 鳥の声の海の中 
聞いたことのない でもただ風土が違うだけで同じ種類だろうなと思うような声 
森からシンセの音があふれるような響き
 7:30 虫たちのパルスがはじまる 10:00 低い鈴のような蝉のシンクロサウンドがはじまる 
あぁ ここオーストラリアだったね




海辺の町から南の山手へ 'Hearvest cafe'はオシャレで静かでオープンマインドなカフェだった
日曜の午後 夜 遊びに出る前 ワクワクの夕暮れのSunday Session 
日本からのゲストとして出演させてもらった




スコールと晴れ間のくりかえし その度 空気は澄んでいく 
どんどん冴える空 みずみずしい景色 
いつものようにイヤイ ライケレをしてはじめる演奏 
'龍の頭'と言われるバイロンベイに'Fly Dragon'とチャントしたら晴れた空から豪雨が降り注いだ



英語と日本語ごちゃまぜで「LOVE & MONEY」のお願いをした
被災地に直接届けることを約束すると伝える 
それまでの楽しそうな表情に日本への深い愛情がにじんだ
遠く離れた場所でTOHOKUを思ってる 
みんなの胸に火が点いた 空は晴れ渡り 静かな日曜のカフェがバクハツした



パスタボウルのDonation Boxは紙幣でいっぱいになった 
たくさんのCDにサインをし ごちゃまぜのSession Timeに突入 
「ひさしぶりに米 食った気がした」ライブの感想もユカイだった 
ギグの予定はこの1本だけだった でもカフェを出る頃には3本の予定が増えていた





  





Happy New Year!
新月から
上弦へ




| comments(0) | trackbacks(0) | 16:39 | category: 日々ラビ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nawafumi.jugem.jp/trackback/129
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links