なわふみ日記

- nawaはサンスクリット語で ’ あたらしい ’  
- fumiはアイヌ語で ' おと '   ラビラビの音旅 ' 縄文 ' 綴りです
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 111111 fullmoon 'naked beauty' PHOTO DIARY | main | 2012.1 ◑ 1.2.3.4.5.6.7.8 >>
# 11/11/12 神奈川 鎌倉市 浄智寺 Pics.



111112
神奈川 鎌倉 浄智寺


朝4時/岐阜出発 

空の目が満月からお日様に入れ代わる 
白い髪の富士山が浮かび上がる 
すべてがクリアで美しすぎる夜明けだった 

北山さんの命に寄り添いながら 
与えられたお役目を全力で果たす 

自分の命もヒリヒリと張りつめているのが分かった




奇しくもこの日は祈りのためのイベント 

311で被災された方へ 
宗派を超えて祈りを送ろうという素晴らしい発案のもと、
鎌倉の僧侶さんが集まり読経される 
そしてジャンルさえも超えて縄文トランスが交差することになった





Pikoはこの素晴らしい企画の音響にこだわり、
自ら音響さんを依頼しウネリと響きを心地よく届ける準備をした 
11月の夜、お寺に集って下さる方々に暖かい食べもの,飲みものが用意された

雨上がりの静謐な夕闇に
読経が響いた





'オルガグルウ'の
「静けく 声明 唸るなり」が目の前に現れた 

そのウネリに身をあずけて縄文トランスを重ねていく 
緩やかで大きな波が本堂から溢れ出す 

すべての'境界'を巻き上げる 
祈りの相乗効果は計り知れなかった







祈りから祭りへ 
最後はすべてを祭り上げる 

何を奉るか知っている祭は
解放されたとき歓びに満たされる 

本堂の前で踊り狂う(!)みんなの笑顔が印象的だった

東へ 北へ
北へ 山へ 
底力を送った








- Photography : ai.kubota



| comments(0) | trackbacks(0) | 00:28 | category: 音旅 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nawafumi.jugem.jp/trackback/126
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links