なわふみ日記

- nawaはサンスクリット語で ’ あたらしい ’  
- fumiはアイヌ語で ' おと '   ラビラビの音旅 ' 縄文 ' 綴りです
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アイとマニーを届けよう!2nd. 11.12.24 | main | アイとマニーを送ろう・届けよう 2nd./報告と日記 >>
# アイとマニーを届けよう!2nd. 11.12.25

-Text : ナナ
-Date : 2011.12.25 sun
-Weather : くもり ときどき 小雪
-Place : 宮城 名取市 閖上中学校
-Named : LOVE FOR NIPPON[ゆりあげX'masキャンドルナイト]
-Live Start : 17:00


今年最後の演奏が急遽決定しました。
大好きで尊敬するCandle JUNEさん主催 LOVE FOR NIPPONの年内最後のイベントと重なり
場所は宮城県の名取市 閖上(ゆりあげ)中学校でした。




閖上町は海沿いの町です。
中学校へ着くと校庭には三艘の漁船がのりあげたままとなっていました。
高速のインターを降りたあたりにも流されてきたままの漁船を見ました。

校舎内へ入ると目に入ってきたのが胸元位の高さの泥の線
あぁ、この高さまで波が来たのか。。。
そう思いましたが地元の方によるとそうではありませんでした。
波は3階までやってきて校舎内の跡はしばらく水がひかなったという事を表していたのです。





仮設住宅で暮らしているという方が色々とお話ししてくださいました。


「あんな揺れは初めてだったから津波が来るってすぐに危険を感じて車で家族をさがして
 避難したんだ。公民館はいっぱいで入れなかったからこの学校の3階に来て助かった。
 公民館は津波にのまれてしまったんだよ。。
 停電で町に警報が鳴らなかったから。。。。自分で(判断して)動くしかなかった。
 すぐに車で動いたから渋滞もなく助かった
 避難渋滞はそのあとだった。」


「チリ地震の時にね、東北に津波が来たけど
 その時にたいしたことはなかったから、と逃げ遅れた人も多かった
 俺は逆にあの時津波が来たんだから今回はもっと来ると思った」


「聴いたことのない音がしたよバキバキバキってね。
 高さは6メートルくらいだったかなぁ。。高い黒い壁が竜巻のように渦巻いてた。
 車もなにもかも渦巻いてものすごいスピードで校庭をのんで
 校舎にも車がつきささるように入ってきた。」


あずみはこんなお話を聞いた。


「地震が来て、ひとまずおばあちゃんを中学校に避難させた。
 そのとき予報で伝えられてた地震到達時刻を過ぎていて、
 それで'もう来ないんだ'って家に戻ったヒトがいっぱいいてね。
 それでやられちゃったヒトが多かったんだよ。

 わたしたちは家で荷物をまとめてたんだけど、
 息子が'変な音がする'って言ったんだよね。
 そしたら、それはもう聞いたことのない音、全部が混ざったような音が背中から聞こえた。 
 それが津波だって分かって、息子に'2階へ逃げろ!'って叫んで階段あがってる足元から
 バリバリバリーーーッと1階が流されてった。

 2階でなんとか助かったと思ってたらね、
 どこかで海水に染み出した灯油やガソリンに引火したんだね、
 このあたりは火の海になってね。
 
 流された向かいの家の基礎に残った板に飛び移って、
 自分の家が燃えていくのを見てた。

 'あったかいね'って言いながら。
 寒かったんだよ。とてもね」




9ヶ月が経った、といってもこの場に来る事ができずにいる方も多いと聞きました。
JUNEさんは多くの支援活動をされて来ましたが、
震災以降、ずっと生き残った方々のために灯してきたキャンドルを
亡くなった方々のために灯すのは、この日初めてだとおっしゃっていました。

仮設住宅に住んでらっしゃる方々に、
震災前の閖上町の人口数7301のキャンドルへメッセージを書いていただいて
ひとつひとつを灯し
「2011.12.25 ゆりあげクリスマス」と形づくられました。






夕暮れがきて、
[一歩前へ進むきっかけになってくれたら]と灯された暖かい光で校庭が埋め尽くされ、
小雪ちらつく中、演奏が始まりました。
多くの魂がこの校庭の光に集まって来ていると感じていました。

皆さんが持って帰れるようにと スケッチブックに
一枚一枚絵を描き続けてらっしゃったイラストレーターの黒田征太郎さんや
ACIDMANさん、ダンサーのATSUSHI(Dragon Ash)さん、
仲良しの青谷 明日香ちゃんのステージと続き、
ラビラビ年内最後の演奏曲となったのはラビラビと明日香ちゃんの
[Song of The Earth]でした。
ATSUSHIさんも飛び入りで踊ってくださって
閖上クリスマススペシャルバージョンとなりました。





「閖上はこんなになっちゃったけどやっぱりこの町にまた住みたい」
と言っていたおばあちゃんたちがキャンドルの灯りを見て微笑んでいました。
東北へ みんなのアイがたくさん届きますように。






| comments(2) | trackbacks(0) | 18:18 | category: People to the People |
コメント
ハローなな!名取行ってきたんだね。
私も今年3回宮城には行ってきたけれども、同じように高速降りたら、そこには町があったことすら思い描けない状態でした。

なわふみ日記を通して、現地のかたがたの思いを少しでも知れてよかったです。

http://www.lfn.jp/ のイベントかな?
このサイトは最近知りました;

とりま、今年最後のライブお疲れ様です!



| HARUKA | 2011/12/29 8:53 PM |

おー!HARUKA久しぶり!元気そうでよかった(^^)
宮城県に行っていたんだね知らなかったよ!
現地に行くと普段なかなか聞こえてこない生の声や
情景をダイレクトに感じる事ができるね
なかなか文章でお伝えする事も上手ではないけれど、
そう言ってもらえてよかったです◎ありがとう
来年こそライブ会場で会えたら嬉しいな
お互い身体に気をつけていきましょう〜!


そう、[LOVE FOR NIPPON]のイベントでっす!




良いお年を!来年もどうぞよろしくっ!(^^)/
| ナナ | 2011/12/30 4:06 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nawafumi.jugem.jp/trackback/122
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links