なわふみ日記

- nawaはサンスクリット語で ’ あたらしい ’  
- fumiはアイヌ語で ' おと '   ラビラビの音旅 ' 縄文 ' 綴りです
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アイとマニーを届けよう!2nd. 11.12.18 | main | アイとマニーを届けよう!2nd. 11.12.20 >>
# アイとマニーを届けよう!2nd. 11.12.19

-Text : あずみ
-Date : 2011.12.19 mon
-Weather : 晴れ 
-Place : 宮城 塩竈市 桂島
-Named : 
-Live Start : 


この日から3日間
ライブは なし

ご縁のある方々へ
物資を届ける

この日は桂島へ向かった
塩竈の港に着く
そこでビッグサプライズに出くわした




宮城へ旅した時は かならずと言っていいほど立ち寄っていたお魚屋さんがある
東松島の入り江にある漁師さんの直売所
元気でやさしい笑顔のご家族が営んでいた'いとう水産'

昨年 夏の'naked lunch'では 海産物を新宿へ直送してくださり、
東北 六ヶ所村の現状を伝える集まりに '東北のおいしさ'で参加してくださった




「お店の前の駐車場が ぐにゃぐにゃと波打ってね、
 海水が噴き出してきたのよ
 これはあぶない って車で高台へ逃げて

 お店はぜんぶ流されて 今も沈んだままね
 海の中にも いろんなものが沈んでて
 もう1度あの場所でお店を再開するのは 5年はかかりそう
 でもみんなで一生懸命 海のそうじしてね がんばってるんだぁ
 がんばるしかない
 やってくしかないもんね」

東松島での営業再開を目指しながら
塩竈港の駐車場を利用してつくられた'復興市場'のプレハブ店舗に応募し
1ヶ月ほど前に開店したという




震災当初 まったく連絡が取れず
ツイッターを通して 偶然 安否の確認ができた
5月の東北ツアーでハヤトさんに再会し この日やっとお母さんとも生きて再会できた

うれしいサプライズとともに
市営汽船で桂島へ渡った





桂島 

塩竈市 松島湾に浮かぶ浦戸諸島と呼ばれる島々のひとつ

5月のツアーでお米10俵を提供してくださった栃木の田辺さんが、かつて夏に12年間通った親戚同然の旅館がある。その旅館の方々の安否や、現在の島の様子をとても気にかけていらっ
しゃった田辺さん。5月は時間が取れず島に渡ることができなかったので、今回は1日時間を取って訪れることにした。


ちいさな港に着く
島の方のご好意で 仮設住宅がある小学校まで、
物資とともに車で連れてってくださることになった

ちいさな丘にさしかかる
津波は島の向こう岸からやってきて 
その小さな丘を越え 
港のある対岸に到達したという

損壊した建物が並ぶ、細い坂道を上る
「この丘の向こうが ぜんぶやられてしまったんよ」







地震が来て 津波を覚悟した島の若い人たちは
3台の車で島中を駆け回り すべての島民を丘の上の小学校に避難させた
この避難が功を奏し この島では死者,負傷者がひとりも出なかった

地震から70分 避難が完了した直後
背後からバリバリという音が聞こえて振り返ると
真っ黒い津波が押し寄せてきていたという

津波は丘を越え 北の港に到達
そのできごとを 降りしきる雪の中で眺めていたという

85世帯のうち55世帯が家を失い
高齢化が進む島民の方のケアが急がれる中
島 という独立した環境ゆえの復興,復旧の遅延というものを
初めて訪れたわたしたちでさえ 感じた






あれから9ヶ月
生きることが危ぶまれた日々から ようやく
日常を取り戻したいと願う日々となり
さらにそれさえも刻々と変わり続ける


すべては あかるい日常がもどってくることのためにあれば


なんどもなんども
胸の中でくりかえす




【アイとマニー届きました!】
・有機玄米 24kg
・丹波黒豆 8袋
・湯たんぽ 6個
・ガーゼのブランケット 3枚
・巨石カレンダー 1部
・浦戸福祉会( http://ameblo.jp/npo-urato/ )さんへ 3万円




| comments(2) | trackbacks(0) | 18:31 | category: People to the People |
コメント
ありがとう!
| tomojii | 2011/12/23 10:04 AM |

ともじぃさま:


こんにちは!
こちらこそ ご協力ありがとうございました!!!
レポ 連日UPしています
どうぞ見届けてやってくださいね!!!

| あずみ | 2011/12/23 2:58 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nawafumi.jugem.jp/trackback/117
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links