なわふみ日記

- nawaはサンスクリット語で ’ あたらしい ’  
- fumiはアイヌ語で ' おと '   ラビラビの音旅 ' 縄文 ' 綴りです
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アイとマニーを届けよう!2nd. 11.12.15-16 | main | アイとマニーを届けよう!2nd. 11.12.18 >>
# アイとマニーを届けよう!2nd. 11.12.17

-Text : Piko
-Date : '12.12.17 sat
-Weather : 晴れ
-Place : @宮城 宮城郡 七ヶ浜町役場 子育て支援センター
-Named : HappySmile未来教室 -Workshop-
-Live Start : 13:30


アイとマニーを届けよう!二日目は7月にも訪れた七が浜。
今回はボランティア団体の
・レスキューストックヤード : http://rsy-nagoya.com/
・未来予想図実行委員会 : http://miraiyosouz.jugem.jp/
が合同で企画されたイベントに参加させていただきました。





前回も参加してくれていた小学生のなみかちゃん達のアッテンポロウ合唱団から地元の方や
ボランティアスタッフのみなさんも一緒にラビラビのワークショップライブを楽しんで
もらえたようです。





七ヶ浜はボランティアのみなさんと地元の方の信頼関係がとてもうまくいっているように
思いました。ここまでくるのにはいろいろな困難をみんなで乗り越えてこられたんでしょうね。




「song of the earth」という曲を震災にあわれた方の前で唄うことについて、
あずみはいろいろ悩み考えて、
でも自分たちが信じることをちゃんと伝えたいと願い唄ったと思います。
子育て支援センターのスタッフの方が地震が憎いという思いからこころがすこし解放された
というようなことを話されていました。 よかった!


大地がふるえると 書いて 地震と 呼ぶ

大地がふるえると 水の やまが 出来る

あのとき 地球さんは なにに ふるえたんだろう

なにが あふれたんだろう

私達にもあるよね こころ ふるえる時

私達にもあるよね 涙 あふれる時




【アイとマニー届きました!】
・七ヶ浜在宅避難の方へ : 味噌20キロ、毛布7枚、巨石カレンダー3部、とうがん一個。
・レスキューストックヤードへ : 3万円。
・ケイスケくん&さゆりさん&おなかのベイビーへ : 味噌1キロ、お米3キロ、梅干、黒豆。
受け取って頂きました。




| comments(0) | trackbacks(0) | 08:43 | category: People to the People |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nawafumi.jugem.jp/trackback/115
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links