なわふみ日記

- nawaはサンスクリット語で ’ あたらしい ’  
- fumiはアイヌ語で ' おと '   ラビラビの音旅 ' 縄文 ' 綴りです
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 11/11 'naked beauty' お忘れ物 | main | アイとマニーを届けよう!2nd. 11.12.17 >>
# アイとマニーを届けよう!2nd. 11.12.15-16

-Text : あずみ
-Date : '11.12.15 thu
-Weather : 晴れ 
-Place : 栃木 大田原市


アイとマニーを送ろう!
10月末からはじまった東北への支援金を集める旅
今回の呼びかけは こうだった


「縄文トランスで踊って笑って 愛のエネルギーとマニーを送ろう!」

 ラビラビは12月、ふたたび東北ツアーを行うことにしました。
 今年5月に行なった「アイとマニーを送ろう/届けよう」の第2弾です。 気持ちを馳せる
 ことはできても、西の人々にとっては遠くてなかなか訪れることのできない被災地。311
 から8ヶ月以上経った今も、今日を生きるために精一杯の方がたくさんいらっしゃいます。
 音旅の仲間をはじめ被災地の方々へ、雪に閉ざされる前に冬に必要な物資等を届けながら
 北上します。

「縄文トランスで踊って笑って愛のエネルギーと義援金を送ろう!」をテーマに各地でいただ
 いた支援金を、現地の確認を取り必要な物資や寄付金として、みなさんからいただいたお気
 持ちを直接届けます。 各地のみなさん、ぜひおチカラをかしてください。
 どうぞよろしくお願いいたします。

 ・前回のレポ : 「アイとマニーを送ろう・届けよう/報告と日記」 





この日は北へ向かう初日

前回より 大きめのレンタカーに
ぶんぶん積み上げた段ボール 楽器 旅道具 みかん
関東から西のみんなの「アイ」が満杯 
午後1:30出発

今回揃えた物資は
◯湯たんぽ 48個
 岐阜 多治見の「弥満丈欅窯:やまじょうけやきがま」の陶製の湯たんぽ

◯有機玄米 210kg
◯丹波黒豆 50袋
 兵庫 丹波で作られた有機米と有機豆
 http://twitter.com/combufull(チハルちゃんのご両親が作られています)

◯有機大豆味噌 40kg
 千葉 匝瑳市で1200年続く有機農家「みやもと山」さんの'おしゃべりみそ'

◯有機冬野菜 段ボール8箱分
 神奈川 三浦半島で完全無農薬,無化学肥料栽培をされている専業農家「たかいく農園」さん

◯秋冬用ガーゼのケット 20枚
 この↓CMを知って「通販生活」さんで揃えました

◯2012 VOICE OF STONE CALENDAR 20部
 巨石写真家 須田 郡司さんの美しい地球さん(巨石)のカレンダー

◯物資以外にも直接'支援金'としてお渡しする「マニー」


安心で安全で意志(ココロ)やぬくもりも詰まっている
そういうモノを選びました
ご協力くださった方々 ほんとうにありがとうございました





夕方5時 栃木 大田原市の田辺さん宅に到着
田辺さんは 前回の「アイとマニーを送ろう!」のとき
10俵(=600kg!!!)のお米を提供してくださったお米農家さん

今回は 兵庫の有機玄米を持参していたので
支援金としてご協力してくださいました

今年 田辺さんの作られたお米は
無事 検査を通過し出荷されたそうです
だけど それまでの日々をこんなふうに語られていました

 『今年は 何の作業をしていても心が重かった
  本当に出荷できるのか
  自分たちは食べていけるのか

  気持ちがなかなか前に向かず つらかった

  稲は豊作付きで
  いつも大喜びするはずなのに
  穂を見ていてもうれしい気持ちにはなれなかった
  なんだか切ない気持ちだった』


こんな方が
今年どれだけいらっしゃったのだろう

たまらない

夜 栃木を出て仙台に向かった




-Weather : 初雪 
-Place : 宮城 仙台市 PANGAEA
-Named : 「カンタ!ティモール」上映会
-Movie Start : 20:50
-Live Start : 23:00


旅のはじめのライブは仙台
この日は「カンタ!ティモール」を上映できることになった

3月にこのドキュメンタリームービーに出逢ってから
この映画とともに演奏できる機会を作っていこうと決めた
いくつかのチャンスがありながら実現せず
今回ようやく願いが実現した

上映の知らせを監督の広田 奈津子さんに連絡した
こんなお返事が返ってきた

 『わーなんて嬉しいお知らせを!
  ありがとうございます。
  泣きそうになりました。

  津波がさわった場所へはまだ映画を届けることができず、想像もできず、
  でもこうして他でもないラビラビさんが持って行ってくださること、
  とっても嬉しいです。
  どうぞよろしくお願いします』

・カンタ!ティモール Official Site : http://www.canta-timor.com/




生きるチカラをくれる映画
被災地での上映が実現したのがうれしかった
今夜はアートという「アイ」を届けるのだ

 Peace is Life
 大地を踏みしめて 
 踊れ!

映画の中の言葉を抱きしめて鳴らした
あとで聞いたら 演奏のとき3人ともその言葉を反芻していたことが分かった
ツイッターでは こんな感想が聞こえた

『昨晩観た、カンタ・ティモールは、かなり意識を変えてくれた。
 ほんとの生き方。んでラビラビのライブ。強烈な余韻。昨日パンゲアいけてよかった。
 みんなをもっと愛そう。自分も。もっと大地に根づこう』





この日 仙台は初雪で
夜はしんしんと街が白んだ

PANGAEAで この春 働きだした大誠(だいせい)くんが
311に遭遇したのは原発から8kmの自宅だった

11日当日 津波を逃れるため自宅を飛び出し 翌日戻ったら
防護服を着た警官に「放射能が漏れてるから避難しろ」と言われたという
それを聞いて'できるだけ遠く逃げる'ことだけを考えて地元を離れたという

あれから9ヶ月
許可なく入れない自宅に2度 戻ったことがあるそうです
そのとき持参した線量計は5マイクロシーベルトを指していた



自身もご家族も 
もうこの場所には帰れないと
覚悟しているという






【アイとマニー届きました!】・巨石カレンダー : 4部




| comments(0) | trackbacks(0) | 10:59 | category: People to the People |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nawafumi.jugem.jp/trackback/114
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links