なわふみ日記

- nawaはサンスクリット語で ’ あたらしい ’  
- fumiはアイヌ語で ' おと '   ラビラビの音旅 ' 縄文 ' 綴りです
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アイとマニーを送ろう・届けよう/報告と日記 (報告編) | main | いのちの音旅レポ -Text : Piko >>
# イノチの音旅:アイとマニーを届けよう!で感じたこと。 -Text : Nana


311から約二ヶ月が経ちスタートした東北への旅。
あの日以来の、ココロの揺れは日本中の人達が共有しているのではないかと思います。
ラビラビは再び旅立つ決意ができ、また全力で駆け巡っています。

 
被災地での必要な支援、現状、すべてが千差万別で、日々変化しています。あたり前のようだ
けれど、実際に体感してみないと分からないことばかりだったと思いました。各地の空気感、
匂い、光景、「生き抜いてくれてありがとう」と心から思えたこと、その感触が自分の中に残
っています。出会う人出会う人溢れ出すお話の全てが真実でした。


支 援 物 資 を 届 け な が ら 、
現 地 の 方 に た く さ ん あ り が と う と 喜 ん で い た だ け た の は 、
日 本 中 の 仲 間 が  ラ ビ ラ ビ を 信 用 し 
[ ア イ と マ ニ ー ] を 託 し て く だ さ っ た か ら で す 。

人から人へ純粋に繋がれる事や、リアルで確かな情報を望む方がほんとうに多かった。こうい
った想いは何か大きな出来事を解決する過程で現れる様々な問題を乗り越える為には大切な事
じゃないかと思っています。本当は誰もが持っている自分の役目と居場所を感じ楽しみながら
生きていければ、世界中の人とひとつのワンダフルワールドを作っていける気がしています。


まだまだまだまだ東北は人のチカラが必要なのは一目瞭然で、[ひとりのチカラはちいさいけれ
ど皆が出し合えばおおきなチカラになる…]といった言葉はよく聞きますが、本当にそうです。

原子力発電所の現場にも懸命に頑張っている方達が常にいらしゃっる事も確かな事実です。
これは福島県を訪れ、伝えられ、改めて実感しました。こういった方達は、原発の現状がどう
あれ、どんな情報が世間で流れていようが、とにかく命を守るために毎日最善を尽くしてくだ
さっています。

この時点ですでに、現場から何キロだとか関係なく全ての人で考えなくてはいけない事態だと
いう事がわかると思います。

全員が当事者で物理的な距離では無く近くで起こった出来事です。
ちいさなチカラ・知恵を出し合いネオジャパンに生まれ変わる事を心から願い、
日本中を何周でもするラビラビの一員として自分も頑張って生きていきます。

 
また笑顔でみなさんにお会いできますように(^0^)/
 
 
ラビラビ  ナナ






- - - - - - -

 ・アイとマニーを送ろう・届けよう/報告と日記 (日記編)

 ・いのちの音旅レポ - Text : Piko

 ・アイとマニーを送ろう・届けよう / 報告と日記(報告編)

- - - - - - -


| comments(2) | trackbacks(0) | 15:52 | category: People to the People |
コメント
ボンボンでNANAさんがいってた

「戦争やめて戦争」になってる

って
ほんとうにそのとうりだとおもう
ほかにもかいたんだけれど

ぼくらがやめられないのは
原発じゃない 戦争じゃない 搾取でも 差別でもない
争うこと自体をやめられないんだ


許そう
まず自分を
そして他人を
| ゆうすけ | 2011/06/16 1:30 AM |

ゆうすけさんこんにちは!


とにかくむやみにいろいろな命が軽く扱われる事はいやだなと思います。
人間同士は話し合えるんだから他の生き物へのリスペクトも忘れないで解決していけたらいいな。
間違い起こしたら、まずはちゃんと反省して、
そっから許したらいいのかな?
甘やかしたらすーぐ忘れたりしそう(^^;)
みんなで反省!  
わんだふるわーるどに突入していますように〜〜〜!
| ナナ | 2011/06/16 2:36 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nawafumi.jugem.jp/trackback/102
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links