なわふみ日記

- nawaはサンスクリット語で ’ あたらしい ’  
- fumiはアイヌ語で ' おと '   ラビラビの音旅 ' 縄文 ' 綴りです
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Neonative Meeting2011 最新情報(2011/4/13) | main | イノチの音旅:アイとマニーを届けよう!で感じたこと。 -Text : Nana >>
# アイとマニーを送ろう・届けよう/報告と日記 (報告編)
春の音旅は
こんな合言葉で 
はじまりました

「縄文トランスで踊って笑って愛のエネルギーとマニーを送ろう!」

 ラビラビは5月、2週間をかけ東北ツアーを行うことになりました。
 音旅の仲間の中には被災した方々がたくさんおり、避難所生活をされている
 方もいらっしゃいます。そんな東北の大切な仲間たち、彼らからつながる
 地域の避難所へ、救援物資を届けながら北上することにしました。

「縄文トランスで踊って笑って愛のエネルギーと義援金を送ろう!」
 をテーマに各地でいただいた義援金を、現地の確認を取って必要な
 救援物資に変え、みなさんからいただいたお気持ちを直接、届けます。
 各地のみなさん、ぜひおチカラをかしてください。
 どうぞよろしくおねがいいたします。


関東から西への旅がはじまり
各地のアイとマニーがぞくぞくと集まりました



 4.9 sat @神奈川 平塚市 Happy Mountain Bar「かさまつり」
 ・アイとマニー : 101,900円

 4.15 fri @栃木 那須町 Barger Shop unico
 ・アイとマニー : 68,994円  

 4.17 sun @千葉 金束市 アートガーデンコヅカ 森の家「Neonative Meeting2011」
 ・アイとマニー : 19,000円

 4.20 wed @東京 三軒茶屋 OHANA
 ・アイとマニー : 10,000円

 4.22 fri @福井 吉田郡 永平寺 緑の村四季の森体育館 ふれあいセンター
 (福島から避難されたみなさんが感謝と復興を願って福井でアースデイを開催しました)
 ・アイとマニー : 1,000円

 4.23 sat @滋賀 大津市 biochedo「ハルノニワ」
 ・アイとマニー : 33,908円

 4.24 sun @大阪 大正区 AVALON CAFE
 ・アイとマニー : 23,855円

 4.26 tue @広島 広島市 原爆ドーム前
 (チェルノブイリ原発事故から25年のこの日 ヒロシマでパレードが行われました)

 4.26 tue @広島 広島市 koba
 ・アイとマニー : 21,006円

 4.29fri @島根 パサール満月海岸「縄文ギャザリング」
 ・アイとマニー : 22,291円

 4.30sat @山口 美弥市 マナマナ「カンタ!ティモール上映会」
 (上関原発建設に向き合う 虹のカヤック隊:らんぼうくん主催の上映会でした)
 ・アイとマニー : 4,512円

 5.2mon @大分 国東市 龍神海水浴場キャンプ場「虹の岬祭り」
 (4/9「かさまつり」のメンバーが作ってくれたチャリティTシャツ完売)
 ・アイとマニー : 2,000円

 5.3 tue @岐阜 加茂郡 山なんや「一期一会祭」
 ・アイとマニー : 5,474円

 5.5 thu @神奈川 横須賀 SYOKU-YABO農園
 ・アイとマニー : 23,697円

 5.8 sun @静岡 島田市 Charleston
 ・アイとマニー : 32,373円


個人からお預かりした分も含め、
ひと月足らずの旅で集まった合計は

 ◉アイとマニー募金総額 : 382,482円
 ◉提供物資 : 
 ・お米(田辺さん/栃木) 10俵(600kg) 
 ・国産有機大豆味噌(みやもと山/千葉) 20kg
 ・古着(帽子作家ルゥさん/東京) 20kg分

となりました。



西の音旅が終了し、5日後からはじまる東北ツアーに向けて
すぐ各地に連絡を取り、必要な物資の調整を行い次のものを準備しました。


 ・マスク 524枚分 7,672円
 ・赤ちゃんのおしりふき 30枚入×5 1,290円
 ・お米配付用袋 25枚入×2 296円

 ・国産有機野菜ジュース 12本入×3 7,008円
 ・みかんジュース 6本入×2 4,560円
 ・国産有機人参ジュース 4本 712円
 ・有機しょう油 1本 1,400円
 ・有機純米酢 1本 525円
 ・有機米 みりん 1本 1,008円
 ・一番搾りなたね油 1本 1,186円

 ・鉛筆 6ダース 3,054円
 ・消しゴム 30個 2,872円
 ・クーピーペンシル 48色 2,415円
 ・スケッチブック 2冊 1,890円

 ・長靴 3足 5,292円
 ・軍手 20組 976円
 ・ヤッケ(上下) 3着 7,440円
 ・防塵マスク 3個 1,995円
 ・マスク用取替ガーゼ 3個入×3 726円
 ・防塵メガネ 3個 1,371円
 
 ・レンタカー(日産バネット/20日間) 71,820円

 ◉合計 : 125,508円


レンタカーを借りざる得なかったのはとても残念だったのですが、
いつものラビラビ号では楽器でいっぱいで物資が一切乗らないことと
期間が長いため、個人の方からお借りすることができなかったのが
レンタルをした理由です。最近は「震災救援 応援価格」というのがあるらしく、
いろいろ探して安く借りることができました。 



物資の他に充てたアイとマニーは次のようになりました。

 ・福島 いわき市 吉田 正明さん
  いわき市の津波被害が大きかった沿岸部で炊き出しを行っているプロボディボーダー
  炊き出し費用 : 80,000円
  ※6/27更新 : こちらの費用はご本人の状況判断で、緊急に費用を要している、
  「いわき犬猫を捨てない会/ http://bit.ly/ihXvFD 」へ届けられました。


 ・宮城 石巻市 四万十塾さん
  震災直後から石巻入りし、復興と生活両面の支援を続けているカヌートレックグループ
  炊き出し費用 : 100,000円

 ・宮城 石巻市 ガンベくん
  地元石巻のために個人単位の救援活動を続けている「ちだ原人Nuts」のドラマー
  救援活動費用 : 20,000円

 ・福島 郡山市 虹の輪 藤田 わこさん
  震災後 福井県へ移り、共同生活をしながら同郷の避難者の受け入れなどを行っています
  生活支援費用 : 28,000円

 ・岩手 一関市 鈴木 美千枝さんご夫婦
  津波によりご自身の家、ご両家の実家もすべて流され避難所を転々としやっと一関市に
  家を見つけたばかりのおふたり
  生活支援費用 : 28,000円
  ※「the ground」からすべて持っていたラビラビの音源も流されたとのこと
   これまでの4作品を添えてお送りすることにしました

 ◉合計 : 256,000円
  残金 : 974円(藤田 わこさんと鈴木 美千枝さん宛の現金書留、送料に充てました)

 ◉総計 : 382,482円 残金0円 
  
という内訳になりました。



各物資の届け先と内訳は次のようになりました。

 ・5月14日
  福島 いわき市
  【アルマレアルのライブに来てくださった方々へ】 
   有機野菜ジュース 40本  有機みかんジュース 12本
   国産有機人参ジュース 4本  赤ちゃんのおしりふき 60枚  
   マスク 100枚  玄米 30kg 白米 30kg


 ・5月16日
  宮城 石巻市  
  【救援活動中:ガンベくん】 国産有機大豆のお味噌 2kg

  【在宅避難中:ナナがお世話になっているカホンメーカーARCOの青沼さん】
  【在宅避難中:洋品店を営むミカさん】
  【在宅避難中:おまつりでよくお会いするポンちゃん】
   お米 各30kg  国産有機大豆のお味噌 各2kg  マスク 各50枚

  【救援ボランティア:四万十塾さん】 お米 60kg  お味噌 20kg


 ・5月18日
  宮城 塩竈市 
  【桂島避難所】お米 60kg  お味噌 4kg
  
  岩手 久慈市 
  【救援活動中:障子上さん】
   長靴 3足  ヤッケ 3着  防塵マスク 3個  マスク用取替ガーゼ 3個
   防塵メガネ 3個  軍手 20組  お米 30kg  お味噌2kg
   

 ・5月23日
  青森 三沢市
  【救援活動中:太くん / 宮城 女川で被災されたご家族へ】 お味噌 1kg


 ・5月25日
  宮城 陸前高田市
  【避難所:特別養護老人ホーム「高寿園」】
   鉛筆 6ダース  消しゴム 30個  スケッチブック 2冊
   クーピーペンシル 48色  子供用を含めマスク250枚

  岩手 盛岡市 
  【救援活動中:ふっちゃん,まーぼー】
   お味噌 1kg

  宮城 気仙沼市
  【救援活動中:熊谷 もんさん
   / 半造レストハウス(ボランティアのベースキャンプ)】
   有機しょうゆ 1本  一番搾りなたね油 1缶  有機米 みりん 1本  
   有機純米酢 1本  お味噌1kg  赤ちゃんのおしりふき 90枚
   古着 20kg分



今回 各地に連絡を取って分かったことは
たいていの避難所は物資が余っている ということ
過不足の状況や必要な物資は、各避難所に直接連絡を取ってみるのがいちばん早いです
状態は日々変わり、今日必要なものが明日には必要でなくなることもあります

避難所を出て仮設住宅に入った方や、在宅避難の方には物資がなかなか届きません
個人を通してのやりとりや、長期的にボランティアに入っていて現地の状況を
よく知っているグループへ問い合わせ、物資を送るというのが良いかもしれません

今必要とされているのは
復旧作業を現地で行うヒトのチカラと
個々で生活をはじめられた方にはひととおりの家電類、そして何より現金です
お米やお味噌、マスクはいつでもどこでも喜ばれました

今回の音旅で、西の方々が個々に直接東北の方々とつながれるような
パイプラインを作りたいと各地でおはなししてきましたが、
復旧作業を行いながら、支援物資のやりとりを多方面の人々と行うのは
今はまだ難しい という答えがほとんどでした
もう少し状態が落ち着くまで様子を見た方がいいのかもしれません
年内にもう1度「アイとマニーを送ろう・届けようツアー」を行うつもりです
よろしければその機会をぜひ利用してやってください
上記のような内容でよろしければ、私達でかならず届けます

上記の四万十塾さん、また宮城 気仙沼市の半造レストハウスもボランティアの
ベースキャンプになっています
地元の方々の信頼も厚いので、各HPなどをご確認の上、できる形での支援活動を
されるのも良いかと思います
・唐桑半島災害復興ひのきしんセンター : http://bit.ly/iGG0yF



「アイとマニーを送ろう・届けようツアー」2むすび目 は
11月 関東から西へ
12月 東北へ
を予定しています
季節が変わり、必要なものや状況も大きく変わると思います
雪に閉ざされる前に、あったかいアイとマニーを届けられたらと思っています

11月、イベントを開催するので届けて欲しい!という方がいらっしゃいましたら
ぜひご一報(info@rabirabi.com)ください
みなさんのエネルギーを
かならず届けます



- - - - - - -

 ・アイとマニーを送ろう・届けよう/報告と日記 (日記編)

 ・いのちの音旅レポ - Text : Piko

 ・アイとマニーを届けよう!で感じたこと。 -Text : Nana

- - - - - - -


| comments(2) | trackbacks(0) | 03:28 | category: People to the People |
コメント
ほんまにありがとう!
西の山も動きまーす◎
また、踊って笑って元気にいきましょー♪
| あるぴた | 2011/06/02 12:04 PM |

るみちゃんさま:


こちらこそ
ご協力 ありがとうございました!
8月もよろしくね^^
| あずみ|ラビラビ | 2011/06/04 1:00 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nawafumi.jugem.jp/trackback/101
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links